【初心者ライター必見】文字単価は交渉できる!ジャンル別の相場を紹介

ライター

Webライター始めたから文字単価について詳しく知りたいな〜

Webライターなら必ず聞いたことがある「文字単価」。文字単価はどのように決められ相場はどのくらいなのでしょうか?

この記事では、以上の疑問を解説しながらジャンル別の文字単価相場や文字単価をアップさせる方法について紹介していきます。

ぜひ、最後まで記事を読んでより高額な案件を受注できるWebライターとして活動してみてください。

文字単価とは?

文字単価とは、「1文字○円」というライターを受注する際に報酬を決定する重要な指標のひとつです。この文字単価は、金額の幅が広く0.1円前後〜5円などの高額単価も存在しています。

実際に案件を受注する際には、この文字単価と「指定文字数」を乗じたものが報酬となります。

例えば、文字単価1円×指定文字数5000文字=5,000円といった感じです。実際には、ここからシステム手数料などが引かれる場合もあります。

システム手数料が引かれる場合もあるんだね

Webライターの文字単価を上げる方法2つを解説!必要な能力も紹介
「Webライターの文字単価を上げる方法が知りたい」とお悩みではありませんか。Webライターの文字単価が低いとなかなか稼げず、続けるべきか悩む人も多いでしょう。本記事では、文字単価を上げるために必要な能力について解説していきま...

文字単価はどうやって決まるのか

文字単価ってどうやって決めているの?

文字単価の決め方は様々ですが、一般的なのは、クライアントが依頼する記事に求めるスキルによって決めます。

例えば、「文字数1000文字で実体験を書いてください」という案件には、高度なリサーチ力などは必要ありません。したがって、文字単価0.5円などの低価格に設定されます。

一方で、「医療系のコラム記事を書いてください」といった内容であれば、医学的な知識が求められ、読む読者も医療従事者などが想定されます。

したがって、高度なスキルと専門性に対して文字単価5円など高額に設定されるのです。

専門的知識も身につけるべきだね

Webライター単価相場

Webライターの文字単価相場ってどのくらい?

それでは、Webライターの文字単価の相場は幾らくらいなのでしょうか。文字単価の相場は、スキルなどによっても異なりますが、基本的にはWebライター歴に応じて決まる場合が多いです。

Webライター歴に応じた一般的な相場は、Webライター歴が浅ければ、文字単価0.2円〜1円が多いです。

そして、SEOに精通し専門的な知識があるWebライターであれば、5円〜10円もしくはそれ以上の仕事を受注している場合もあります。

文字単価10円以上もあるなんて魅力的!

ライティングの文字単価の相場はどのくらい?クラウドソーシング別に紹介
「Webライターの文字単価の相場はどのくらいだろう?」と気になってはいませんか。仕事に応募する際に文字単価が適正かどうか確認する必要がありますよね。あまりにも相場とかけ離れた単価の場合、他の案件を探す方が良いでしょう。本記事...
文字単価1円を目指すには?Webライターが目指す最初のステージ!
「文字単価が低すぎてきつい…」「文字単価を1円にあげたい…」とお悩みではありませんか?駆け出しのWebライターは、文字単価が低すぎてライティングがつらくなってくることが多いです。今回の記事では、文字単価1円の案件を取るのに必...
【文字単価5円】WEBライターが高単価の仕事を得る秘訣と必須スキル
この記事は、「WEBライターとして高単価の仕事を得たい」方向けに書かれています。WEBライターとして、仕事をするのであれば、高単価の案件を獲得したいですよね。この記事では、WEBライターとして文字単価...

どのジャンルが文字単価が高いのか

文字単価は、前述したように専門性が高い記事の場合は文字単価が高くなります。

そのほかにも記事のジャンルによって、おおよその文字単価が決まっています。ここでは、記事のジャンルごとに、おおよその文字単価を確認していきましょう。

ジャンル文字単価
脱毛1.0円〜
転職1.0円〜
不動産1.5円〜
金融系1.5円〜
士業系(弁護士・税理士など)2.0円〜
医療系2.0円〜

以上のとおり金融系や医療系のような専門的な知識を求められるジャンルは、文字単価が高い傾向にあります。

Webライターで高報酬を目指したい方は、専門知識を身につけて専門ジャンルを受注してみると良いでしょう。

ジャンルによっても相場が異なるんだね!

ライティングの文字単価の相場はどのくらい?クラウドソーシング別に紹介
「Webライターの文字単価の相場はどのくらいだろう?」と気になってはいませんか。仕事に応募する際に文字単価が適正かどうか確認する必要がありますよね。あまりにも相場とかけ離れた単価の場合、他の案件を探す方が良いでしょう。本記事...

単価アップ交渉の方法

クラウドソーシングなどで公表されている文字単価は、クライアントに単価交渉することで単価をアップできる可能性があります。

どうやったら交渉できるの?

ここでは、文字単価をアップさせる際に必要となる交渉材料について紹介します。

  1. 実績を作る
  2. 専門知識を身につける

交渉材料として特に重要なものは以上2点です。これらは、比較的身につけやすい交渉材料なので、次章で詳しい身につけ方を確認して実践してみてください。

単価交渉材料①実績を作る

1つ目の交渉材料は、「実績を作る」です。クラウドソーシングにおける実績では、以下の3点が重要視されます。

  • いくつ案件を受注しているか
  • 案件の達成率は何%か
  • どのような案件をこなしたか

基本的には、案件を多く受注し必ず納期以内に提出することでこの3点はクリアできます。つまり、実績を作りたい場合には、「より多くの案件をこなす」ことが近道となります。

そして、ある程度実績を詰めた暁には、専門分野の案件にも挑戦することで今後の高額案件を継続して行えるだけの魅力的な実績となるでしょう。

たくさん数をこなしていこう!

単価交渉材料②専門知識を身につける

2つ目の交渉材料は、「専門知識を身につける」です。前述してきたように文字単価は、専門知識を要する案件の方が高くなります。

したがって、それらの案件を受注する際や単価交渉をする際に「私は、このような専門知識を持っています」といえるだけで、単価交渉や案件獲得を有利に進められるのです。

Webライターは、ライティング力やSEOの知識、リサーチ力が要求されます。しかし、専門的な知識を身につけることで、より高額な案件へと繋がります。

ぜひ、ライティング作業の合間に専門知識の勉強をしてみてください。

専門的知識の勉強もしてみよう

クラウドソーシングサービスの募集案件【ランサーズ】

実際にはどのような案件が募集されているの?

それでは、2020年1月31日現在で募集中の案件を確認してみましょう。まずは、ランサーズで募集されている案件です。文字単価1円以上で検索した際、トップに掲載されている案件は以下のとおりです。

「文字単価1円×指定文字数300文字〜500文字」「文字単価1円×指定文字数2000文字前後」と比較的好条件の案件といえるでしょう。

そして、3つ目に掲載されている案件は、文字単価4.5円×指定文字数2000文字程度という高額案件も募集されています。

文字単価1円以上の案件は、数も多く募集されているので、ぜひ受注してみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングサービスの募集案件【クラウドワークス】

続いては、クラウドワークスで募集されている案件を見てみましょう。文字単価1円以上で検索した際にPR案件を除いた上位に表示される案件は以下の通りです。

こちらも1.1円や1.8円など比較的好条件の案件が多くあります。そして、3つ目に表示されている案件は、文字単価6.2円×指定文字数400文字と高額案件も募集されています。

前述したジャンル別の文字単価と比較しても、例外的に高い案件が稀に募集されています。ぜひ、クラウドソーシングサービスに登録して定期的に案件を確認してみてはいかがでしょうか。

意外とたくさん高額案件があるんだね!

クラウドワークスに無料で登録する

まとめ

今回は、Webライターを始めたばかりの方向けに、文字単価の相場や文字単価交渉方法などについて紹介してきました。最後に要約した内容を確認してみましょう。

文字単価とは、「1文字あたりの単価」指します。そして、文字単価は募集される案件に求められるスキルやジャンルによって0.1円〜5円さらにはそれ以上の高額案件もあります。

文字単価は、クライアントに交渉することでアップできる可能性があり、そのためには交渉材料となる以下の3点を準備しておくと良いでしょう。

  • いくつ案件を受注しているか
  • 案件の達成率は何%か
  • どのような案件をこなしたか

今回の記事を参考に、ぜひ高額案件を受注できるようにWebライター活動をしてみてください。

【文字単価5円】WEBライターが高単価の仕事を得る秘訣と必須スキル
この記事は、「WEBライターとして高単価の仕事を得たい」方向けに書かれています。WEBライターとして、仕事をするのであれば、高単価の案件を獲得したいですよね。この記事では、WEBライターとして文字単価...

コメント

  1. […] Webライターの単価はいくらか見てみる […]