Webライターの文字単価を上げる方法2つを解説!必要な能力も紹介

ライター

「Webライターの文字単価を上げる方法が知りたい」とお悩みではありませんか。

Webライターの文字単価が低いとなかなか稼げず、続けるべきか悩む人も多いでしょう。

本記事では、文字単価を上げるために必要な能力について解説していきます。また、文字単価を上げる方法も紹介。

この記事を読むことで、文字単価を上げられますよ。ぜひ参考にしてくてください。

文字単価とは

文字単価とは、1文字あたりに支払われる金額です。報酬金額は、文字単価に記事の文字数をかけた金額で計算されます。

そのため、Webライターとしての報酬をアップさせる方法は、主に以下の2つです。

  1. 執筆する文字数を増やす
  2. 文字単価を上げる

執筆する文字数を増やすことは報酬アップに効果的です。しかし、あまりにも文字数が低い場合は文字単価を上げるほうが手っ取り早いこともあります。

そこで、まずはあなたの文字単価が低いのか高いのか確認しましょう。次の章では文字単価について紹介していきます。

Webライターの文字単価ごとの案件内容

文字単価は案件内容によって大きく異なるため、何円が相場とは断言できません。ただし、あなたの案件が適正な価格であるかの判断は可能です。

あなたの文字単価が適正かどうかを判断するために「あなたの文字単価ならどのような案件が一般的なのか」「あなたの案件内容ならどのくらいの文字単価が一般的なのか」を確認しましょう。

文字単価対象案件内容
1円未満未経験者体験談など
1~2円未満経験者ネットでリサーチしたもの
2~3円未満専門知識のある経験者ネットや本をリサーチしたもの
3円以上高度な専門知識のある経験者専門性の高い職業で培った知見など

文字単価ごとの案件内容について知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

ライティングの文字単価の相場はどのくらい?クラウドソーシング別に紹介
「Webライターの文字単価の相場はどのくらいだろう?」と気になってはいませんか。仕事に応募する際に文字単価が適正かどうか確認する必要がありますよね。あまりにも相場とかけ離れた単価の場合、他の案件を探す方が良いでしょう。本記事...

Webライターの文字単価アップに必要な能力3つ

あなたの担当する案件が適正な価格でない場合は、クライアントを探し直すのもひとつの手です。

しかし、適正な価格である場合、文字単価を上げるためにはライティングの能力を身につける必要があります必要な能力をつけなければ、いつまで経っても文字単価は上がりません。

そこで、ここからは文字単価を上げるために必要な能力を3つ紹介します。

  1. 基本的な文章能力
  2. 内容の正確性
  3. SEOの知識

文字単価を上げるために必要な能力について1つずつ順番に説明していくため、ぜひ参考にしてください。

Webライターの文字単価アップに必要な能力①基本的な文章能力

文字単価を上げる以前にWebライターとして活動するのであれば、必ず「読みやすい文章を執筆する力」を身につけておきましょう。

「”てにをは”を正しく使う」「難しい言葉は使用しない」といった基本的な国語力に加えて、要点をまとめる能力が求められます。

読み手がパッと見るだけで、自分の求めている情報が記載されていると判断できるような文章を心掛けてください。

「日常生活で使うから、なんとなく書けるだろう」と文章力を軽視するのではなく、きちんとライティングについて理解しましょう。

Webライターの文字単価アップに必要な能力②内容の正確性

執筆する内容には、正確性が求められます。競合サイトだけを確認するのではなく、公式サイトなど一次情報を必ず確認しましょう。

内容によっては、インターネットにはあまり情報がないものもあります。その場合は図書館で借りた書籍を読むなどの行動が必要です。

また、情報の正確性をアピールするためには公的機関の情報を引用することが効果的となります。

一次情報を意識した正確性の高い記事を書けるようになれば、文字単価を上げることが可能ですよ。

Webライターの文字単価アップに必要な能力③SEOの知識

高い文字単価の案件を獲得するためには、SEOの知識が必須です。

SEOとは「検索エンジン最適化」を指す言葉で、Googleなどの検索エンジンでサイトを上位表示させることを意味します。

「ユーザーに価値のある情報である」と検索エンジン側に評価してもらうように工夫が必要です。

SEOの知識があったり、上位表示をさせた実績があったりすれば、Webライターとして重宝されます。文字単価をアップさせたいのであれば、必ず身につけておきましょう。

【SEO対策】上位表示する方法3つ!読者に寄り添った記事の書き方
「SEOで上位表示する方法を知りたい」 「効率的に集客したい」 「でも検索エンジンの仕組みとか難しいことは嫌・・・」以上のような悩みを持っていませんか?この記事では、SEOで上位表示す...

Webライターの文字単価を上げる方法2つ

これまでWebライターが文字単価をアップさせるために必要な能力について紹介しました。足りない能力があれば、ライティングの基本を勉強しましょう。

しかし、能力を身につけるだけでは文字単価は上がりません。文字単価を上げるために行動しなければならないのです。ここでは、Webライターが文字単価を上げる方法を2つ紹介します。

  1. クライアントと直接契約を結ぶ
  2. 継続クライアントに文字単価の交渉をする

文字単価を上げる方法を説明するため、ぜひ参考にしてください。

文字単価を上げる方法①クライアントを直接契約を結ぶ

クラウドソーシングサイトの案件には応募ボタンで簡単に応募できる反面、手数料としてサイトに報酬の約30%支払わなければなりません。

クライアントが提示してくれる文字単価よりも実際の文字単価は低いものとなるのです。

そのため、クライアントの提示する文字単価を上げなくても、クラウドソーシングサイトを通さない直案件であれば、実質的な文字単価を上げられるのです。

文字単価を上げるためには、メディアの応募フォームから応募したり、SNSから企業やWebディレクターに応募しましょう。

文字単価を上げる方法②継続クライアントに文字単価の交渉をする

長期間継続してくれているクライアントの場合、文字単価を上げられないか交渉してみましょう。

クライアントと信頼関係を築けていれば、文字単価の交渉に応えてくれる場合があります。なぜなら、クライアントにとって、あらためて他のWebライターと信頼関係を築くのは大きな手間だからです。

しかし、必ずしも単価交渉が成功するわけではなく、文字単価の交渉を機に契約が終わってしまう場合もあります。そのため、そのクライアントとの契約が終わっても困らないように、他の案件も用意しておきましょう。

まとめ:文字単価を上げるために文章力や交渉術を身につけよう

本記事では、Webライターの文字単価を上げるために必要な能力を紹介しました。本記事で紹介したWebライターが文字単価を上げるために必要な能力は、以下の3つです。

  1. 基本的な文章能力
  2. 内容の正確性
  3. SEOの知識

また、能力や知識をつけるだけでは、文字単価を上げることはできません。

文字単価を上げるためには、行動を起こしましょう。Webライターが文字単価を上げる方法は、以下の2つです。

  1. クライアントと直接契約を結ぶ
  2. 継続クライアントに文字単価の交渉をする

この記事を参考に、文字単価を上げるために能力をつけたり、行動を起こしてみたりしてはいかがでしょうか。

コメント

  1. […] Webライターの文字単価を上げる方法2つを解説!必要な能力も紹介「Webライターの文字単価を上げる方法が知りたい」とお悩みではありませんか。Webライターの文字単価が低いとなかなか […]