記事外注費用の相場はどのくらい?おすすめ記事代行業者5つを徹底比較!

ライター

この記事は、「自社サイトに掲載する記事を外注したいけど費用の相場が分からない」「おすすめの記事代行業者があれば教えてほしい」という方に向けて書かれています。

初めて記事を外注する方や予算が決められている方だと、記事の外注費用の相場が気になりますよね。

そこで今回は、おすすめの記事代行業者5社の記事外注費用の相場を徹底比較していきます。

また、記事を外注するメリットやデメリット・3つのコツも紹介します。

記事を読むことで、記事を外注する際の費用相場が理解できますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

おすすめ記事代行業者5社の記事外注費用の相場を徹底比較!

早速ですがここでは、おすすめの記事代行業者の記事外注費用の相場を比較していきます。

おすすめの記事代行業者は5社あり、以下のとおりです。

  1. 記事作成代行屋
  2. ZETTON
  3. EDITORU
  4. クラウドワークス
  5. ランサーズ

1つずつ順番に解説していきますので、記事外注を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1:「記事作成代行屋」の記事外注費用の相場

1つ目のおすすめ記事代行業者は、アフィリエイターランキングで全国2位を獲得している株式会社センターグローブが運営している「記事作成代行屋」です。

1文字/6.5円と比較的高額ですが、「A8.net」でアフィリエイト全国2位を達成したノウハウがあるので、SEOに効果的な記事を作成してくれます。

また、記事作成代行屋のライター採用率は驚異の3%です。そのため、高品質な記事を期待できるでしょう。

本気でアクセス数を伸ばしたい方や、記事の品質を追求する方におすすめの記事代行業者です。

>>「記事作成代行屋」の詳細を見てみる

会社名株式会社センターグローブ
代表取締役中土 剛志
設立2015年03月23日
事業内容webコンテンツ制作(記事・イラスト)

メディア制作・運営

取材サービス(出張インタビュー、写真撮影) など

記事外注費用1文字/6.5円

2:「ZETTON」の記事外注費用の相場

2つ目に紹介するのは、ライターの管理やコピペチェック・校正などを一貫して行っている「ZETTON(ゼットン)」です。

ZETTONは、1文字/0.7円〜で、1記事からでも外注できるので、かなりコスパが良いです。

ちなみに、ZETTONでは無料で記事を一本作れるので、「まずは、どんな記事ができるのか知りたい」という方は、一度問い合わせてみてください。

とにかく大量に記事がほしい方や、アフィリエイト用の記事が欲しいと考えている方におすすめの記事代行業者です。

>>「ZETTON(ゼットン)」の詳細を見てみる

会社名株式会社デザイン
代表取締役平林 義行
設立2007年5月1日
事業内容Webマーケティング

アプリ開発

Webコンサル など

記事外注費用1文字/0.7円

3:「EDITORU」の記事外注費用の相場

3つ目に紹介する記事代行業者は、10年以上の実績を持つSEO・コンテンツ制作の会社「株式会社ウィルゲート」が運営している「EDITORU(エディトル)」です。

EDITORUは、コンテンツ制作に特化したオンライン編集チーム構築サービスです。即戦力となるクリエイターを探し、自分専用の編集チームを外部に構築してくれます。

また、20万人以上のライターの中から選ばれた「合格率1%程度」のEDITORU独自のテストに合格した優秀なライターが登録しています。そのため、高品質な記事が期待できるでしょう。

料金はツールの利用料金だけでコスパが良いので、クラウドソーシングでなかなか良いライターに出会えない方におすすめです。

>>「EDITORU(エディトル)」の詳細を見てみる

会社名株式会社ウィルゲート
代表取締役小島 梨揮
設立2006年6月20日
事業内容コンサルティング事業、メディア事業
記事外注費用初期費用:30万円

システム利用料:60,000円

サポート手数料:20%

4:「クラウドワークス」の記事外注費用の相場

4つ目に紹介する記事代行業者は、個人や法人問わずに、業務委託のお仕事をインターネット上で発注・受注できるお仕事マッチングサイト「クラウドワークス」です。

登録ライターが20万人以上登録しており、医師や弁護士・税理士なの士業系やホワイトペーパーやメルマガ作成など、幅広いジャンルを外注可能です。

また、記事数や記事の値段も自分で決められるので、できるだけ低単価で外注したい方におすすめです。

ちなみに、クラウドワークス独自の価格相場は以下の画像のとおりです。

>>クラウドワークスの詳細を見てみる

会社名株式会社クラウドワークス
代表取締役吉田浩一郎
設立2011年11月11日
事業内容クラウドソーシング「クラウドワークス」を中心としたインターネットサービスの運営
記事外注費用自分で決める

5:「ランサーズ」の記事外注費用の相場

最後5つ目に紹介するのは、クラウドワークス同様、インターネットを通じて外注ができるお仕事マッチングサービス「ランサーズ」です。

登録者が多く、ライターを見つけやすいのがメリットです。また、各ジャンルの相場観や事例が記載されているため、初めて外注する方におすすめの記事代行業者です。

さらに、専任アドバイザーによる発注時のアドバイスも受けられます。

ちなみに、ランサーズ独自の価格相場は以下の画像のとおりです。

>>ランサーズの詳細を見てみる

会社名ランサーズ株式会社 ( LANCERS,INC. )
代表取締役秋好 陽介
設立2008年4月
事業内容フリーランス・タレント・プラットフォーム事業
記事外注費用自分で決める

記事を外注するメリット

ここまで、おすすめの記事代行業者を5社紹介してきました。しかし、そもそも記事を外注するメリットが気になる方もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、記事を外注するメリットをご紹介していきます。記事を外注するメリットは以下のようなものがあります。

  • 時間を節約できる
  • 知識がないジャンルの記事も作成できる
  • 一度に大量の記事が作成できる
  • SEOを対策が施されている記事を作成できる
  • 最短でメディアの記事を充実させられる

やはり1番のメリットは、一度に大量の記事が作成できることでしょう。1人で記事を書いていても1日に作成できる記事数は決まっています。

しかし、外注することで、数記事〜数十記事もの記事を一気に作成できるようになるのです。

記事を外注するデメリット

副業でWebライティングをするときの注意点もある

記事を外注するメリットがある一方で、記事を外注するデメリットもあることを覚えておきましょう。

記事を外注するデメリットには以下のようなものがあります。

  • 費用がかかる
  • 記事の均一化が難しい

当たり前ですが、外注するには費用がかかります。高いクオリティを担保したいのであれば、それなりのお金が必要です。

また、1人に外注するのであれば問題はありませんが、複数人に外注する場合には、記事の均一化が難しいことも覚えておきましょう。

なぜなら、それぞれの書き方やリサーチの仕方があるからです。

記事を外注する際の3つのコツ

最後に記事を外注する際のコツとして、以下の項目を抑えておきましょう。

  • これまでの実績を確認する
  • ライターや業者の人柄を確認する
  • レギュレーション(指示書やマニュアル)を作成する

記事を外注する際には、外注する業者のこれまでの実績を必ず確認するようにしましょう。実績を開示していることで、記事の質を確認できます。

ライターや業者の人柄も確認しておきましょう。なぜなら、これから長く付き合っていくような人が自分と合わないような人だと仕事が捗らないからです。

また、指示書やマニュアルなどはきちんと作成して、どのような記事を作って欲しいのかを的確に示しておきましょう。

まとめ:記事を外注して最短でメディアを育てよう!

今回は、おすすめの記事代行業者5社の記事外注費用の相場を比較しました。

最後にもう一度、おすすめの記事代行業者5社の記事外注費用の相場をおさらいしておきましょう。

記事作成代行屋1文字/6.5円
ZETTON1文字/0.7円
EDITORU初期費用:30万円

システム利用料:60,000円

サポート手数料:20%

クラウドワークス自分で決める
ランサーズ自分で決める

また、今回紹介した、記事を外注する際の3つのコツも併せて覚えておきましょう。

この記事を読み、記事外注の費用相場を理解して、あなたのメディアがより注目されるメディアに育つことを心から祈っております。

ちなみに、私が普段外注する際に使っている外注テンプレートを以下の記事で紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

【テンプレートあり】記事作成を外注化する方法【おすすめ外注先も】
本記事では、記事作成を外注化する方法を紹介。テンプレート付きなので、本記事を読めば誰でも簡単に記事作成を外注化できます。おすすめ外注先も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※ちなみに、ナガシカも月間累計300記事を毎月代行して作成しています。

お仕事のご依頼は、以下のフォームからお願い申し上げます。

>>ナガシカに記事の外注を依頼する

コメント