Webライターで稼ぎたい人必見!5つのとるべき行動をご紹介!

ライター

この記事は「Webライターはどのくらい稼ぎがあるのか知りたい」「Webライターとして稼ぎたいけどどうすればいいか分からない」という方に向けて書かれています。

在宅ワークの中で人気のある職業「Webライター」。しかし、Webライターが、どのくらい稼げるのか知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Webライターはどのくらい稼げるのかWebライターとして稼ぎたい人がとるべき行動5つを紹介。また、稼げるWebライターの特徴も紹介しています。

この記事を読むことで、Webライターでどのように稼げばいいのかが分かります。これからWebライターを始められる方は、ぜひ参考にしてください。

そもそもWebライターとは?

Webライターとは、Webサイト上に載せる記事を書くライターのことを指します。

Webサイト上で文章を書くため、新聞などの紙媒体と違い「検索エンジン」や「SNS集客」を意識する必要があります。

主なWebライターの仕事内容としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ニュースサイトの記事作成
  • インターネットメディアのコラム作成
  • ECサイトの紹介・説明文作成
  • 企業サイトのコンテンツ作成
  • ネット広告の紹介文作成
  • ブログ代行記事作成

上記の仕事以外にも、Webライターには様々なジャンルの仕事があるため、いくつか試してみて自分に合った仕事を探してみてください。

Webライターとは?年収〇〇万円の仕事内容や必要スキルを解説
Webライターって最近聞くけど、どんな仕事なの?副業解禁されたことにより最近注目を浴びている「Webライター」実際には、どのような仕事をしており年収はどのくらいなのかなど、Webライターについて詳しく...
大学生Webライターの月収は誰でも5万円目指せる!学業との両立方法も徹底紹介
大学生の僕でもWebライターになれるの?副業として注目を集めているWebライターに対して、「大学生の自分でもなれるの?」「幾ら稼げるの?」など多くの疑問があるでしょう。そこで、この記事では大学...

Webライターはどのくらい稼げる?

Webライターの収入は人によって差はありますが、筆者の感覚だと以下の表のような収入が目安になります。

文字単価Webライター歴月収(1記事2,000文字✖️土日休みで20記事執筆した場合)
0.1円〜0.5円〜2ヶ月4,000円〜20,000円
0.6円〜1円3ヶ月〜5ヶ月24,000円〜40,000円
1.1円〜1.5円6ヶ月〜11ヶ月44,000円〜60,000円
1.6円〜2円1年〜1年半64,000円〜80,000円
2.1円〜2年〜84,000円〜

上記はあくまで参考なので、必ずしも表のような収入になるわけではありません。文字単価をあげたり記事の量を増やしたりすることで、大きく収入を変えられます。

そのため、Webライターは努力すれば着実に稼げるようになる仕事だと言えるでしょう。

Webライターで稼ぎたい人がとるべき行動

Webライターは、個人差はあるものの、頑張り次第では大きく稼げることを紹介しました。しかし、具体的にWebライターとしてどのような行動をすればいいか分からないですよね。

そこでこの章では、Webライターで稼ぎたい人がとるべき行動をご紹介します。Webライターで稼ぎたい人がとるべき行動は5つあり、以下のとおりです。

  1. クラウドソーシングサイトのタスク案件をこなす
  2. SEOを学ぶ
  3. WordPressへ入稿できることを提案する
  4. クライアントに単価交渉をする
  5. ライター講座を受講する

1つずつ順番に解説していきますので、これからWebライターとして稼いでいきたい方は、ぜひ参考にしてください。

Webライターで稼ぎたい人はタスク案件をこなすべき

Webライター初心者であれば、まずはクラウドソーシングサイトでタスク案件をこなすことをおすすめします。

タスク案件とは、100〜1,000文字程度の『体験談のレビュー』や『テレビのレビュー』など、契約や事前打ち合わせをすることなく、すぐに取り掛かれる執筆作業のことです。

1件10円程度なので、あまりお金はもらえませんが、クラウドソーシングサイトで今後も仕事を受注していくのであれば、簡単な仕事であっても実績を積んでおいた方が、高単価な案件を受けやすくなります。

そのため、まずは10本程度で良いので、クラウドソーシングサイトでタスク案件をこなして実績をつけましょう。

ちなみに、クラウドソーシングサイトでおすすめなのは「クラウドワークス」「ランサーズ」です。
初心者の方でも、受注できる仕事がたくさんあるので、これからWebライターを目指す方は登録しておきましょう。

Webライターで稼ぎたい人はSEOを学ぶべき

冒頭で記述しましたが、WebライターはWebサイト上に載せる記事を書くライターのことを指します。そのため、紙媒体と違い検索エンジンが読み取りやすいように記事を執筆する必要があるのです。

具体的に検索エンジンが読み取りやすい記事とは、「SEO(検索エンジン最適化)」を意識した記事だと言えます。

SEOとは、「Google」や「Yahoo!」などの検索エンジンの検索結果で、上位表示させるための施策のことです。記事を上位表示させられれば、それだけ記事を見てくれている読者が増えるので、利益が上がりやすくなります。

SEOを学ぶことで、他のWebライターと差別化できるので、今後Webライターとして稼ぎたい方は学んでおくことをおすすめします。ちなみに、以下の記事でSEOで上位表示をする方法を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【SEO対策】上位表示する方法3つ!読者に寄り添った記事の書き方
「SEOで上位表示する方法を知りたい」 「効率的に集客したい」 「でも検索エンジンの仕組みとか難しいことは嫌・・・」以上のような悩みを持っていませんか?この記事では、SEOで上位表示す...

Webライターで稼ぎたい人はWordPressへ入稿するべき

WordPressへの入稿ができるとクライアントの負担が減って、単価アップにつなげられます。具体的なWordPressへの入稿作業は、以下のとおりです。

  • 見出しの設定
  • 画像の挿入
  • 文字の装飾
  • 内部リンク設置
  • アイキャッチ画像制作 など

上記の作業をすべてこちらで巻き取れれば、クライアントはあなたが書いた記事の添削・修正をして公開するだけで済みます。

つまり、クライアントの負担が減ることで、文字単価が上がるという仕組みです。なので、Webライターで稼ぎたい方は、WordPressへ入稿できるようになりましょう。

ちなみに、WordPressの使い方を知るためには、自分でWordPressを使いブログを開設することをおすすめします。
また、Webライター初心者がブログを書くべき理由を以下の記事で解説していますので、気になる方は併せてご覧ください。
初心者ライターがブログを書くべき理由4つ解説!注意点も説明
この記事では、初心者Webライターがブログを書くべき理由を4つ紹介。ブログ開設は手間がかかりますが、多くのメリットがあります。注意点も紹介しているため、初心者Webライター必見。

Webライターで稼ぎたい人はクラアントに単価交渉をするべき

今後Webライターを継続していくのであれば、クライアントに単価交渉をすることも覚えておきましょう。

始めのうちは、実績や経験がないためクライアントから提示された金額で仕事をするのは当然です。

しかし、継続して執筆していくことで実績と経験はある程度身に付いていくので、始めの頃と同じ単価であることは間違っています。

なので、ある程度「実績や経験を積んだかな」と思った時点で、クライアントに単価交渉をするようにしましょう。

ただし、交渉が決裂した場合、仕事をもらえなくなる可能性もあるので気をつけましょう。
ちなみに、もし仕事をもらえなくなってしまった場合は、以下の記事でWebライターの仕事の取り方を詳しく解説していますので、併せてご覧ください。
Webライターの仕事の取り方3つ紹介!初心者がしておくべき準備も解説
初心者Webライターの仕事の取り方を3つ紹介。仕事を取る前の準備についても解説しています。おすすめのクラウドソーシングサイトも紹介しているため、初心者Webライターは必見です。

Webライターで稼ぎたい人はライター講座を受講するべき

Webライターで稼ぎたい人は、「ライター講座」を受講してみてもいいでしょう。なぜなら、ライティングスキルを効率的に覚えられたり添削サポートを受けられたりするからです。

文字単価を上げたくても、クライアントが納得するだけの文章術を持っていなければ、なかなか高単価の案件を受注できません。

なので、始めのうちはライター講座に通いながらスキルを身に付けるという方法もあることを覚えておきましょう。

ちなみに、筆者「ナガシカ」は、ライティングスクール「Web+(ウェブタス)」に加入しています。
Web+(ウェブタス)では、実際に報酬をもらいながらライティングの勉強ができるので、一石二鳥です。
Web+について詳しく知りたい方は、以下の記事を併せてご覧ください。
Webライター講座の選び方は?受講するメリットやおすすめ講座2つ紹介
Webライター講座は種類がたくさんあるけど、どれを選べば良いのか悩んでいませんか?この記事ではWebライター講座の選び方を紹介しています。最後まで読んでいただく、失敗しない講座選びのやり方が分かりますよ。

稼げるWebライターの特徴

最後に、稼げるWebライターの特徴をご紹介します。稼げるWebライターの特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  • 納期を守るのが当たり前だと思っている
  • レスポンス(返信)が早い
  • 急ぎの案件も快く引き受ける
  • クライアントがどのような記事を書いて欲しいのかを汲み取れる

一方で、稼げないWebライターの特徴は以下のとおりです。

  • 納期を守らない(最悪の場合そのまま消える)
  • レスポンスが遅い
  • 文字数稼ぎをしている
  • 不明点があったとしても、相談せずに勝手に1人で作業してしまう

特に、フリーランスの世界では、納期を守って当たり前なので、これからWebライターを目指す方は納期をしっかり守るようにしましょう。

まとめ:Webライターで稼ぎたいなら継続しよう!

今回は、Webライターはどのくらい稼げるのかやWebライターとして稼ぎたい人がとるべき行動・稼いでいるWebライターの特徴を紹介しました。

最後に、Webライターとして稼ぎたい人がとるべき行動5つをもう一度、おさらいしておきましょう。

  1. クラウドソーシングサイトのタスク案件をこなす
  2. SEOを学ぶ
  3. WordPressへ入稿できることを提案する
  4. クライアントに単価交渉をする
  5. ライター講座を受講する

Webライターは、継続して努力すれば着実に稼げるようになる仕事です。

なので、途中で諦めずに今回紹介したとるべき行動5つを参考にして、稼げるWebライターになってくださいね。

webライターで稼ぐための8つのコツを現役ライターが解説!
この記事では、ライターで稼ぐコツを8つ紹介。すぐに始められるコツなので記事を読みながら実行できます。8つのコツをきちんと理解することで、あなたのライティングスキルが上がりクライアントとの関係も良好になります。

コメント