読みやすい文章の書き方のコツ9選!【読めばすぐに効果あり】

ライター

「読みやすい文章の書き方について知りたい」「読みやすい文章の書き方を知り、Webライターとしてスキルアップしたい」こんな方に向けた記事です。

読者が負担なく読み進められる記事読者の役に立つ記事は、必ず読みやすい文章で作られています。

読みにくい文章は、読者が離脱してしまい、記事は最後まで読まれません。
本記事では、今よりもライターとしてスキルアップしたい方向けに、読みやすい文章の書き方のコツ9選を解説していきます。
ぜひ参考にしてくださいね。

この記事を読めば、すぐに使える読みやすい文章のコツが習得できますよ!

 

しっかりとした構成が読みやすい文章の第一歩!

読みやすい文書を書くためには、構成をしっかり練ることが重要です
読みやすい文章は、要点がまとまっており、読者が必要な情報の伝え方や順序がしっかりしています。

構成を練る上で以下の2つを意識すると良いでしょう。

  • PREP法
  • 箇条書き

それぞれ解説していきます。

PREP法

PREP法は、以下の4つの順番で構成を作ります。

  • Point  = 主張
  • Reason = 理由
  • Example = 具体例
  • Point   = 主張の繰り返し

まず結論を伝えてから、その理由や例を解説します。
文章を書く上で、読者が求めている答えや情報を一番に伝えることが重要です。

マナブログで有名なインフルエンサーのマナブさんも、PREP法を勧めています。

PREP法は、「結局なにがいいたいの?」と読者が混乱することを防ぎ、説得力のある文章になるため、読みやすい文章に仕上がります。

箇条書き

伝えたい情報が複数ある場合は、箇条書きを使いましょう。
箇条書きを使用すると、必要な情報の理解や抽出がしやすくなります。

ぎっしりと詰まった文章よりも、箇条書きで解説する方が読者の負担が少なく、読みやすい文章になります。

次の章では、「読みやすい文章の書き方のコツ9選」を箇条書きで解説しています。
ぜひ参考にしてください。

記事の構成について自信がない方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

Webライティングに必須!記事構成の作り方【初心者Webライター向け】
本記事は、Webライティングに必須の記事構成の作成方法を紹介。記事構成の作成時に意識すべきことも一緒に解説しているので、初心者Webライターは必見の内容となっています、

読みやすい文章の書き方のコツ9選

本章では、読みやすい文章のコツを紹介していきます。
読みやすい文章のコツ9つあります。

  1. 肯定文で書く
  2. 一文を短くする
  3. 色を使いすぎない
  4. 段落ごとに1行空ける
  5. 写真やイラストを使用する
  6. 文章にリズム感を持たせる
  7. 文字サイズは4段階までにする
  8. ひらがなやカタカナを使い分ける
  9. 適切なタイミングで見出しを入れる

それぞれ解説していきます。

9つもあると多いと感じるかもしれませんが、気になったものから1個1個意識してみると良いですよ。

 

【読みやすい文章の書き方】①肯定文で書く

読みやすい文章を書きたい方は、できるだけ肯定文で書くようにしましょう。
否定文は、読者を誤解させてしまう恐れがあるため、できるだけ「~できない」「~していない」といった表現は避けるべきです。

特に二重否定の文章は、読者が混乱してしまうので、使わないようにしましょう。
肯定文は、否定文より文字数が少ないため、文章がスッキリするというメリットもあります。

【二重否定の例】
副業Webライターでも、月5万円稼げない訳ではない。
→副業Webライターでも、月5万円稼げます。

【読みやすい文章の書き方】②一文を短くする

読みやすい文章は、一文が短いです。
できるだけ、一文を短くするように意識しましょう。
長い文章は、主語と述語が離れてしまうことで、意味がうまく伝わらないリスクが増えます。

一文の長さは、60文字前後がスッキリして読みやすいです。
長くても70文字~80文字までに、抑えるようにしましょう。

長い文章は、読者に難しい文章であるイメージを与えるため、そもそも読まれない可能性があります。

1つの文章に沢山の情報をいれると、読みにくい文章になってしまいます。1つの文章で伝える内容は1つだけにしておきましょう。

 

【読みやすい文章の書き方】③色を使いすぎない

文章は、白地に黒一番読みやすいです。
基本は黒文字の文章を書くようにしましょう。

重要な箇所読者にアピールしたい箇所は、赤や黄色で強調すると目立ちます。
ただし、強調する箇所が多くなると、どこが重要かわらなくなります。

また、色が多すぎると目がチカチカして、読みにくい文章となってしまいますので、注意が必要です。
文字の色は、3色くらいまでにしましょう。

【読みやすい文章の書き方】④段落ごとに1行空ける

段落ごとに1行空けると、読みやすい文章になります。
1行空けることは、文章の内容を区切る効果があるからです。

また文章にリズム感を持たせる改行も、効果的です。
2文~3文で、改行するようにしましょう。
最近は、スマホで記事を読む方が多いため、記事によっては1文ごとに改行している記事もありますよ。

文章の内容を区切る空行やリズム感を待たせる改行は、文章を読む上での圧迫感を軽減する効果があります。
積極的に使っていくようにしましょう。

【読みやすい文章の書き方】⑤写真やイラストを使用する

読みやすい文章には、写真やイラストがうまく使用されています。
を積極的に使用するのもオススメです
本記事においても、見出しごとの写真や吹き出し・Twitterが多く使われていますよね?

「読みにくい文章」だと認識されてしまうと、読者は簡単に離脱してしまいます。
文字だらけの文章は、読者の負担が大きいためです。

わかりやすい解説も、効果的なセールスライティングも、読者に読みにくい文章だと認識されると読まれません。
写真やイラストをうまく使うように意識しましょう。

専門的な内容や数字を多く使う内容は、文章ばかりにならないように図や表を使用するのがオススメです。
3つ以上のものを比較するときは、表を使うとスッキリまとまりますよ。

 

【読みやすい文章の書き方】⑥文章にリズム感を持たせる

読みやすい文章を書くコツは、語尾を変化させてリズム感を持たせることが重要です。
同じ文章が連続していると、文章のリズムが悪くなってしまうからです。

「~です。~です。~です。」と続くとリズムが悪く、「読みづらい」と感じてしまします。
また、「~が重要です。~が重要です。~が重要です。」と表現が単調になってしまうのも、リズムが悪くなるため注意が必要です。

https://twitter.com/nagakuraman/status/1369257330848591875

語尾のバリエーションを少しずつ増やして、文章の語尾を自然に変化させることで、リズム感を作るようにしましょう。

【読みやすい文章の書き方】⑦文字サイズは4段階までにする

文字サイズがバラバラだと、読みにくい文章になってしまいます。
文字サイズは、4段階までにしましょう。

タイトルや見出しなどを強調するために、文字サイズを大きくすることは有効です。
しかし、文字サイズが5段階以上になると強調したい部分がわからなくなったり、文章が読みづらくなったりします。

適した文字サイズがわからないという方は、以下の表を参考にしてください。
ただし、ソフトやツールなどによって、数値が異なる場合があるため、適切な文字サイズかどうかを確認するようにしてくださいね。

大見出し 24以上
中見出し・小見出し 16~18
本文 11~12

 

文字サイズは小さくすると、読みづらくなってしまうため、文字サイズが小さくなり過ぎないように気をつけましょう。

【読みやすい文章の書き方】⑧ひらがなやカタカナの使い分ける

漢字に変換できるものは、基本的に漢字に変換しますが、ひらがなやカタカナを使い分けると読みやすい文章になります。

例えば、以下の表のような感じはひらがなで書く方が、読みやすい文章になります。

殆ど ほとんど
更に さらに
及び および
面白い おもしろい
嬉しい うれしい
有難い ありがたい
とき
こと

カタカナは、使うことでキャッチーな雰囲気になります。
目につきやすいカタカナは、タイトルや見出しに使うと効果的ですよ。

つり合い バランス
滑らかに スムーズ
技術 スキル
かっこ カッコ
言葉 フレーズ
題材 テーマ

「漢字・ひらがな・カタカナ」は、「2:7:1」のバランスが良いと言われています。
ぜひ、バランスを意識して使ってみてくださいね。

大見出しの文字数が800文字以上のボリュームにあった場合は、中見出しや小見出しを入れるようにしましょう。

【読みやすい文章の書き方】⑨適切なタイミングで見出しを入れる

記事の中で、テーマが変わるときは見出しをいれると読みやすい記事になります。
適切なタイミングで見出しをいれることに、こだわってみましょう。

例えば、本記事は読みやすい記事の書き方のコツ9選という内容ですが、コツの内容に応じて見出しをいれています。

見出しを考えるときは、見出しを読むだけで内容が理解できるように意識しましょう。
見出しだけを読んで、読むかどうかを決める読者も多くいますよ。

【まとめ】読者にとって読みやすい文章を常に意識しよう

https://unsplash.com/photos/FHnnjk1Yj7Y

以上、読みやすい文章の書き方について解説しました。
文章は、内容やメディアの特徴などがによって好まれる文章は変わります。
しかし、どんな文章も読者が読み進めていく上で、できるだけ負担を減らすという意識が必要です。

読みやすい文章の書き方のコツは9つありました。

  1. 肯定文で書く
  2. 一文を短くする
  3. 色を使いすぎない
  4. 段落ごとに1行空ける
  5. 写真やイラストを使用する
  6. 文章にリズム感を持たせる
  7. 文字サイズは4段階までにする
  8. ひらがなやカタカナを使い分ける
  9. 適切なタイミングで見出しを入れる

読みやすい記事を書くためには、一定の文章力が必要です。
文章力のトレーニングをしたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

文章力を向上させるトレーニング方法5つやコツ3つを紹介!アプリや講座についても解説
当記事では、文章力を向上させるコツ3つやトレーニング方法5つ・フォローしておきたいTwitterアカウントをご紹介します。記事を読むことで、文章力を格段に向上させられるので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

また、どんな工夫をしても、誤字や脱字があると、読者は読みづらいと感じてしまいます。
文章は必ず読み返すようにしましょう。

読みやすい文章は、読者が負担なく読み進められる記事読者の役に立つ記事を書きたい方にとって、とても重要な要素のひとつです。
本記事を参考にして、ぜひ読みやすい文章の書き方のコツを習得してくださいね。

コメント