ライティングの文字単価の相場はどのくらい?クラウドソーシング別に紹介

ライター

「Webライターの文字単価の相場はどのくらいだろう?」と気になってはいませんか。

仕事に応募する際に文字単価が適正かどうか確認する必要がありますよね。あまりにも相場とかけ離れた単価の場合、他の案件を探す方が良いでしょう。

本記事では、文字単価の相場について解説していきます。また、クラウドソーシングサイトごとの文字単価をも紹介。

この記事を読むことで、適正な文字単価の案件を探せるようになりますよ。ぜひ参考にしてくてください。

Webライターの文字単価ごとの案件内容

文字単価は案件内容によって大きく異なるため、何円が相場とは断言できません。ただし、あなたの案件が適正な価格であるかの判断は可能です。

あなたの文字単価が適正かどうかを判断するために「あなたの文字単価ならどのような案件が一般的なのか」「あなたの案件内容ならどのくらいの文字単価が一般的なのか」を確認しましょう。

そこで、次の章では文字単価を大きく4つに分けて、文字単価ごとの案件内容を紹介していきます。

  1. 文字単価1円未満の案件
  2. 文字単価1~2円未満の案件
  3. 文字単価2~3円未満の案件
  4. 文字単価3円以上の案件

悪質な文字単価の案件を避けるためにも、文字単価の相場を理解しておきましょう。

Webライターの案件内容①文字単価1円未満の案件

文字単価1円未満の案件は、Webライター未経験者に向けたものが大半を占めています。未経験でも書きやすいような簡単なテーマであることが特徴です。

個人で運営しているブログの案件がほとんどで、恋愛やエンタメ・旅行などさまざまなジャンルがあるため、好きなジャンルの案件に応募しましょう。

体験談や自由に書いても良い案件であれば、0.1円や0.2円といった文字単価の低い案件も多く存在します。

クラウドソーシングサイトで大量に発注されているため、案件を探すのには苦労しません。Webライターとしての経験が浅く、ライティングの基本を身につけたい人におすすめの文字単価です。

【文字単価0.5円】案件を受注するべき3つの場合を徹底解説!
「文字単価0.5円の案件て受けても大丈夫なの?」「メリット・デメリットはあるの?」クラウドソーシングなどで、ライティング案件を探していると目にする文字単価0.5...

Webライターの案件内容①文字単価1~2円未満の案件

文字単価1~2円未満の案件は、Webライター経験者に向けたものであるため、応募時に実績の提出を求められます。

1円未満の案件に比べると個人ブログはかなり減り、企業のメディアが大半を占める文字単価帯です。しっかりとリサーチをして執筆しなければなりません。

読みやすい文章が書けたり、SEO知識があったりすることを期待されているため、いきなりWebライター初心者が応募することは難しいでしょう。

クラウドソーシングサイトで案件はありますが、ふるいにかけるためのテストライティングが行われることがほとんどです。

文字単価2円を目指す方法6つを解説!リアルな案件も例に出して紹介
「文字単価2円の案件を獲得するにはどうしたら良いのだろう...」「文字単価1円を脱したいな...」と悩んではいませんか。文字単価1円はWebライターの最初の目標というものの、ライティング歴が長くなれば次のステップへ進みたいですよね。...

Webライターの案件内容②文字単価2~3円未満の案件

文字単価2~3円未満の案件は、専門知識のあるWebライターを対象にしたものがほとんどです。応募の際に提出する実績も個人ブログではなく、企業のホームぺージを執筆したURLを求められるようになります。

依頼者は専門サイトを運営する企業となるため、求められる内容のレベルが高く、リサーチにかなり時間がかかる案件です。

インターネットにある情報だけでは記事を書けないことがあるため、図書館で本を借りたり、お客さんの振りをして電話をしたりしする必要があります。

執筆のレベルが上がり手間がかかるようになりますが、記名記事が多く実績になるのが魅力です。

文字単価3円を目指すには?そのために必要なスキルを紹介!
「文字単価3円をそろそろ目指したいな…」「Webライターで文字単価3円を獲得するにはどうしたらよいのだろう…」と気になってはいませんか?ライターとして経験を積んでいると、そろそろ単価をあげたいと思う時期が来るものです。今回の...

Webライターの案件内容③文字単価3円以上の案件

文字単価3円以上の案件は、高度な専門知識のあるWebライター経験者が対象となります。医療系や士業など専門知識や資格を必要とする案件がほとんどです。

クラウドソーシングサイトに案件はありますが、クライアントから依頼するクローズド案件となります。

記事とは異なりますが、ランディングページの作成などは資格のない人でも高単価で案件を獲得することが可能です。

ランディングページ案件は実績が必要であるため、文字単価の低い案件でセールスライティングについて実績を積みましょう。

【文字単価5円】WEBライターが高単価の仕事を得る秘訣と必須スキル
この記事は、「WEBライターとして高単価の仕事を得たい」方向けに書かれています。WEBライターとして、仕事をするのであれば、高単価の案件を獲得したいですよね。この記事では、WEBライターとして文字単価...

1文字1円は安い?高い?

既にお伝えした通り、案件の内容で大きく文字単価は異なります。案件によっては1円は安い場合もありますし、高い場合もあるのです。

ただし、文字単価1円はWebライターは最初に目指すべき目標と言っても過言ではないでしょう。

例えば、文字単価1円で毎日8,000字執筆する場合、1日に8,000円文稼ぐことができます。そして、1カ月のうち24日稼働するとすれば、8,000(円)×24(日)で19万2千円が稼げるのです。

毎月Webライターとして20万円ほど稼げたら、生活も可能です。そのため、Webライターとして頑張るのであれば、文字単価1円を超えるように目指しましょう。

文字単価1円を目指すには?Webライターが目指す最初のステージ!
「文字単価が低すぎてきつい…」「文字単価を1円にあげたい…」とお悩みではありませんか?駆け出しのWebライターは、文字単価が低すぎてライティングがつらくなってくることが多いです。今回の記事では、文字単価1円の案件を取るのに必...

クラウドソーシングサイトの文字単価の相場

これまで案件ごとの文字単価を紹介しました。「あなたの案件の文字単価が適正かどうか」だけではなく、目標にすべき文字単価も決まってきているのではないでしょうか。

ここでは、クラウドソーシングサイトごとの文字単価の相場を紹介します。

クラウドソーシングサイトでは扱ってる案件が違うだけではなく、相場も微妙に異なるのです。案件を探す際の参考にしてください。

文字単価の相場を紹介するクラウドソーシングサイトは、以下の3つです。

  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ
  3. サグーワークス

気になるものがあれば、ぜひこの機会に登録してみてくださいね。

クラウドワークスの文字単価の相場

クラウドワークスは、国内シェア・取引数・ユーザ数においてNo.1を獲得している国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスは「一概にいくらとは言えない」ということを説明したうえで、ライティング案件の文字単価の相場は0.1~2円と発表しています。

幅はありますが、2円まで相場とされているのは、初心者にとって魅力的ではないでしょうか。

毎日、文字単価1円以上の案件が多く更新されているため、利用していない人はぜひ登録してみてください。

>>無料でクラウドワークスに登録する

ランサーズの文字単価の相場

ランサーズは、満足度・リピート率・運用実績においてNo.1を獲得した大手クラウドソーシングサイトです。

ランサーズでは、一般的なテーマの文字単価の相場は0.5~2円と発表しています。

案件数ではクラウドワークスには劣るものの、初心者にとっては魅力的な文字単価でしょう。

また、ランサーズでは独自の評価制度を導入しています。その評価制度で「認定ランサー」に認められれば、高単価の案件を紹介してもらうことが可能です。

無料の会員登録をして、認定ランサーを目指してみてはいかがでしょうか。

>>無料でランサーズに登録する

サグーワークスの文字単価の相場

サグーワークスは、ライティング案件に特化しているクラウドソーシングサイトです。

サグーワークスでは、ライティング案件の文字単価の相場は0.3~0.5円と発表しています。他のクラウドソーシングサイトに比べて低い文字単価です。

しかし、サグーワークスで実施しているテストに合格してプラチナライターになれば、1文字1円以上の単価の案件を獲得できるとのこと。

初心者の人は実力を試すためにでも、テストを受けてみてはいかがでしょうか。

>>サグーワークスに無料登録する

まとめ:文字単価の相場を理解したうえで案件を獲得しよう

本記事では、文字単価の相場について解説しました。文字単価の相場を把握しておくと、文字単価が相場より低すぎる悪質な案件を避けられますよ。

文字単価対象案件内容
1円未満未経験者体験談など
1~2円未満経験者ネットでリサーチしたもの
2~3円未満専門知識のある経験者ネットや本をリサーチしたもの
3円以上高度な専門知識のある経験者専門性の高い職業で培った知見など

また、クラウドソーシングサイト別の文字単価の相場を紹介しました。相場は以下の通りです。

クラウドソーシングサイト文字単価の相場
クラウドワークス0.1~2円
ランサーズ0.5~2円
サグーワークス03~0.5円

この中で特に初心者におすすめなのは「クラウドワークス」です。

案件数がダントツ多いため、初心者でも案件を取りやすくなっています。ぜひ登録してみてくださいね。

>>無料でクラウドワークスに登録する

コメント

  1. […] ライティングの文字単価の相場はどのくらい?クラウドソーシング別に紹介「Webライターの文字単価の相場はどのくらいだろう?」と気になってはいませんか。仕事に応募する際に文字 […]

  2. […] ライティングの文字単価の相場はどのくらい?クラウドソーシング別に紹介「Webライターの文字単価の相場はどのくらいだろう?」と気になってはいませんか。仕事に応募する際に文字 […]