webライターで稼ぐための8つのコツを現役ライターが解説!

ライター

ライターで稼ぎたいけど、何をしたらいいのか分からない…

この記事では、クラウドソーシングを中心とした「ライターで稼ぐための8つのコツを紹介していきます。

8つのコツをきちんと理解したうえでライティングを行えば、今よりも質の高い記事を執筆できるようになり、結果的にライターの収入も上がるでしょう。

ぜひ、最後まで記事を読んであなたのライターライフをより充実したものにしてみてください。

ライターで稼ぐには?

https://unsplash.com/photos/xBuu23uxarU

ライターで稼ぐには、ライティングスキルを身につけることやSEOの知識をつけるなど、様々な方法があります。今回、特におすすめしたいのは以下8つのコツです。

  1. 文字単価の相場を知る
  2. 受注するクライアント数を絞る
  3. 自己紹介文は手を抜かない
  4. クライアントからの信頼を得る
  5. 得意なジャンルを作る
  6. 文章のテンプレートを作る
  7. SEOについて学ぶ
  8. スケジュール管理を行う

コツは8つあるんだね!

これらのコツは、すぐに行えるものも多いので、この記事を読みながら実践してみてください。それでは、ひとつずつ詳しくみていきましょう。

ライターで稼ぐコツ①文字単価の相場を知る

https://pixabay.com/photos/european-union-corporate-tax-makeover-1493894/#content

1つ目のコツは、「文字単価の相場を知る」ことです。クラウドソーシングでは、1文字あたり0.01円〜5円など幅広い単価で案件募集されています。

効率よく稼ぐためには、何円の案件を受けたらいいの?

効率よく稼ぐためには、平均的な文字単価を知り最適な案件を受注することが、重要となってきます。以下の表を参考に文字単価と受ける目安を確認していきましょう。

文字単価目安
0.01円〜0.2円おすすめしない
0.3円〜0.8円初心者向け
0.8円〜1.0円初心者向け
1.0円〜1.5円初心者・中級者向け
1.5円〜2.0円中級者向け
2.0円〜中級者・上級者向け

一般的に0.01円〜0.2円の案件は文字単価が安すく、数をこなしても高額収入には結びつきにくいため、おすすめはしません

一方で、1.0円〜1.5円の案件は募集案件数も多く、数をこなすことにより高額収入に結びつけることも可能です。ライター案件を選ぶ際には、文字単価が1.0円以上であることを1つの指標とするとよいでしょう。

効率よく稼ぐには、文字単価1.0円以上を目安にしたらいいんだね!

ライターで稼ぐコツ②受注するクライアント数を絞る

https://unsplash.com/photos/GlOlfHtzXVk

2つ目のコツは、「受注するクライアント数を絞る」ことです。クライアントの数が増えると収入源も増え、良いように思えます。しかし、自分への評価が複数のクライアントに分散してしまうデメリットもあります。

分散てどういうこと?

例えば、5件の案件を1つのクライアントから受けた場合と、5つのクライアントから1つずつ受けた場合で考えてみましょう。

1つのクライアントから受けた場合には、5記事分の評価がもらえます。一方で、5つのクライアントから1つずつ受けた場合には、受けられる評価は分散してしまい1記事分ずつとなります。

1つのクライアントから多くの評価を受けることで、単価交渉や高額案件の依頼、継続案件を獲得することも可能です。したがって、案件を募集する際には、クライアントの数を絞ることをおすすめします。

クライアントの数は2〜3つが無難そうだね!

ライターで稼ぐコツ③自己紹介文は手を抜かない

https://unsplash.com/photos/n4_Q2dDYy80

3つ目のコツは、「自己紹介文は手を抜かない」ことです。クラウドソーシングで、案件に応募する際には自己紹介文を送る必要があります。多くの方は、テンプレートを作成しコピペで済ませてしまうでしょう。

コピペでも問題ないんじゃないの?

クライアントは、ライターが募集要項について「きちんと最後まで文章を読んでいるか」「どのようなライターなのか」を自己紹介文から判断しています。

自己紹介文は、ライターで稼ぐ直接的なテクニックではありません。しかし、ライターはクライアントから案件を受注して初めて作業を行えるため、重要な作業といえます。

そのため、できる限りコピペではなく、募集要項を熟読したうえで全力の自己紹介文を書くようにしましょう。

募集要項の最後に問題を載せているクライアントもいるみたいだね!

ライターで稼ぐコツ④クライアントからの信頼を得る

https://unsplash.com/photos/vWchRczcQwM

4つ目のコツは、「クライアントからの信頼を得る」ことです。クライアントからの信頼を得ることは、ライターで稼ぐうえでも特に重要といえます。

クライアントから信頼を得ると何がいいの?

クライアントから信頼を得ることにより高額案件や継続案件を依頼されたり、単価交渉が行いやすくなったりするのです。

クライアントからの信頼を得るうえで特に重要視したいのは、以下の4つです。

  • 納期を守る
  • 報・連・相をきちんと行う
  • 質の良い記事を書く
  • 長く付き合う

以上4つは、基本的なことですが、インターネットを介してのコミュニケーションが基本となるライターでは特に大事にしていきましょう。

基本的なことだけど大事にしよう!

ライターで稼ぐコツ⑤得意なジャンルを作る

https://unsplash.com/photos/vZJdYl5JVXY

5つ目のコツは、「得意なジャンルを作る」ことです。クラウドソーシングには、様々なライター案件募集があります。

得意なジャンルがあると何がいいの?

全く知識がないジャンルよりも知識があるジャンルの方が、執筆スピードは早くなります。また、質の良い記事も書きやすくなるでしょう。

案件によっては、専門知識をもっているライターを募集している場合もあります。専門性が要求される案件には一例として以下があります。

  • 金融系
  • 医療系
  • 法律系
  • 不動産系
  • 投資系

これらの案件は、専門的知識が要求されるため高額案件となっていることが多いです。ライタースキルを身につけると同時に、専門分野の知識も身につけることがライターとして稼ぐうえで大切といえるでしょう。

ライターしながら勉強も必要だね!

ライターで稼ぐコツ⑥文章のテンプレートを作る

https://unsplash.com/photos/PeUJyoylfe4

6つ目のコツは、「文章のテンプレートを作る」ことです。文章をある程度のテンプレートに当てはめることで、ライティングスピードが上がります。

テンプレートに当てはめすぎると記事にオリジナリティーがなくなったり、同じような記事になったりするので注意が必要です。

全てをテンプレートに当てはめるのでは無く、リード文やまとめなどの文章構成をテンプレート化しておくのも良いでしょう。

テンプレートは執筆を重ねて、より読者が読みやすく理解しやすい記事になるように心がけてみてください。

自分ならではのテンプレートを作ってみよう!

ライターで稼ぐコツ⑦SEOについて学ぶ

https://pixabay.com/photos/search-engine-optimization-seo-4111000/#content

7つ目のコツは、「SEOについて学ぶ」ことです。SEOは、ライティングスキルと同じように重要なポイントです。

SEOについてある程度理解してライティングを行うことにより、読者が求めている情報を網羅でき他の記事との差別化も図れます。結果的に記事の質が上がり、クライアントからの評価も上がるでしょう。

SEOは一度勉強したよ!

SEOは常に変化し続けているため、常に最新の知識へとアップグレードを行う必要があります。

アップグレードの方法は、様々ありますが製本などでは最新のSEOに対応しきれないので、SEOについて詳しく紹介しているブログなどを参考にしてみることもおすすめです。

常にSEOを勉強する必要があるね!

ライターで稼ぐコツ⑧スケジュール管理を行う

https://unsplash.com/photos/aQfhbxailCs

8つ目のコツは、「スケジュール管理を行う」ことです。1つのクライアントからの案件だけでは、高額な収入を得ることは難しいです。

稼ぐためには2〜3つのクライアントだったね!

しかし、多くのクライアントから案件を受注すると、納期が重なってしまう場合があります。納期が重なると十分な作業時間が確保できず、記事の質に影響したり、最悪の場合納期に間に合わなかったりします。

そのためスケジュール帳やPCのカレンダーを活用してスケジュール管理する必要があるのです。

納期から逆算して作業時間を事前に割り振りすることで、余裕をもって作業に取り掛かれるため、質の高い記事を執筆できるようになるでしょう。

まとめ:ライターで稼ぐためにできるコツから実践!

https://pixabay.com/photos/money-grow-interest-save-invest-1604921/#content

ライターで稼ぐコツ8つを紹介してきました。最後に要約した内容を確認していきましょう。

  1. 文字単価の相場を知る
  2. 受注するクライアント数を絞る
  3. 自己紹介文は手を抜かない
  4. クライアントからの信頼を得る
  5. 得意なジャンルを作る
  6. 文章のテンプレートを作る
  7. SEOについて学ぶ
  8. スケジュール管理を行う

8つも一度にできるかな…

全てを一度に継続して行うことは難しい方もいるでしょう。その際には、今の自分が行えることを一つずつ行っていくと良いでしょう。

ライターという職業は、一朝一夕ですぐに大金を稼ぐことは難しいです。しかし、きちんとしたスキルを身につけクライアントと良好な関係を築くことで、将来的には大金を稼げる可能性があります

ぜひ、長期的な目標を立てながらライターライフを送ってみてください。

コメント

  1. […] webライターで稼ぐための8つのコツを現役ライターが解説!この記事では、ライターで稼ぐコツを8つ紹介。すぐに始められるコツなので記事を読みながら実行できます。8つのコツをきち […]