良質な記事を執筆しよう!Webライティングのつのコツを徹底解説!

ライター

良質な記事を執筆するコツってあるの?

上記のように考えるWebライターは多いと思います。

そこで、今回は良質な記事を執筆するために知っておきたい、Webライティングの7つのコツを紹介します!
どれもすぐに取り入れられる内容でありながら、記事の質が大幅に良くなりますよ。
本格的にWebライターとして活動したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは執筆を始める前に記事構成を丁寧に考えよう

記事を執筆する際、まずはしっかりと構成を作成しましょう。
構成を作成してから本文を執筆すると、伝えたい内容や意図が明確になり、最後まで読みやすい記事に仕上がりますよ。

構成は「序・破・急」を意識して作成すると、自然と読みやすい記事になります。
構成が作成出来たら、次章から紹介するWebライティングのコツを意識しながら本文を執筆してみましょう。

  • 序:キーワードに関する結論を提示する
  • 破:結論に対する根拠を述べる
  • 急:根拠と結論を結び付けてまとめる

Webライティングのコツ① 結論から執筆する

1つ目のWebライティングのコツは「結論から執筆する」です。
結論を提示してから、理由を解説した方が読みやすい記事になります。

Webライティングに慣れていない人は、理由を解説してから結論を提示する傾向があります。
しかし、文章の冒頭部分に結論が提示されていないと、読者は結論を見つけられず、記事の閲読をやめてしまうのです。

Webライティングのコツ② 内容が把握できるタイトルや見出しをつける

2つ目のWebライティングのコツは「内容が把握できるタイトル・見出しをつける」です。
伝えたいことは、なるべくタイトルや見出しを見ただけで把握できるようにしましょう。

多くの読者は、一早く情報を手に入れたいと考えています。
そのため、タイトルや見出しだけを見て、その記事に自分が知りたい情報が載っているか判断する傾向があります。

つまり、タイトルや見出しが分かりづらいと、せっかく本文の質が良くても最後まで閲読してもらえないのです。

Webライティングのコツ③ 簡潔で読みやすい文章を心掛ける

3つ目のWebライティングのコツは、「簡潔で読みやすい文章を心掛ける」です。

Webライティングは「文章量が多い≠良質な記事」であり、無理に文章を長くするのは控えましょう。
要点を抑えた簡潔な文章の方が、読みやすい記事になりますよ。

以下の点に注意しながら執筆すれば、簡潔で読みやすい文章が執筆できますよ。

  • 助長表現を控える:「記事を読むことができる」→「記事を読める」
  • こそあど言葉を控える:「この場合」→「記事を読む場合」(明確にする)
  • 不要な言葉は控える:「基本的に」「ある意味」「かなり」など
  • 分かりやすい表現を選ぶ:「享受する」→「受け入れる」

Webライティングのコツ④ 根拠を示す時は具体的な数字を用いる

4つ目のWebライティングのコツは、「根拠を示す時は具体的な数字を用いる」です。
具体的な数字を用いることで、記事の説得力と信用性が高くなります。

以下の例文を参考に、なるべく具体的な数字を用いて記事を執筆しましょう。

修正前修正後
僕は多くのWebライター志望の方を指導してきました。僕は100人以上のWebライター志望の方を指導してきました。
Webライティングのコツを意識して執筆したら、ブログの訪問数が大幅に増えました。Webライティングのコツを意識して執筆したら、ブログの訪問数が1ヶ月で5,000PV増えました。

Webライティングのコツ⑤ 1つの見出しに対して1つのメッセージに絞る

5つ目のWebライティングのコツは、「1つの見出しに対して1つのメッセージに絞る」です。
1つの見出しの中で複数のメッセージ・結論を伝えようとすると、結局何を伝えたいのかが分かりづらくなってしまうからです。

例えば、「Webライティングとは?」というキーワードを執筆する場合、以下のメッセージ・結論を伝えられます。

  • Webライティングの概要
  • Webライターの仕事内容
  • Webライターの単価相場
  • Webライターとしての始め方

しかし、上記すべての情報を1つの見出しで紹介すると、文章が長くなり読みづらい記事になってしまいます。
すべての内容を1つの記事で伝えたい場合は、1つのメッセージ・結論に対して1つの見出しになるように分けて紹介しましょう。

Webライティングのコツ⑥ 語尾や口調を揃える

6つ目のWebライティングのコツは、「語尾や口調を揃える」です。
1つの記事内で、文章の語尾が揃っていないと読みづらさを感じます。

「ですます調」「である調」など、どの語尾にするか決めてから記事を執筆しましょう。
また、文章のテンションや表記のルールも統一するのがおすすめです。
閲読を想定している読者の年齢層などを参考にすると、執筆のルールを決めやすいですよ。

Webライティングのコツ⑦ 漢字とひらがなのバランスに注意する

7つ目のWebライティングのコツは、「漢字とひらがなのバランスに注意する」です。
閲読を想定している読者や、記事を掲載するサイトによって、漢字とひらがなのバランスを調整すると読みやすい記事に仕上がります。

例えば、「様々」だと硬くて真面目な印象を読者に与えますが、「さまざま」だと柔らかくて親しみやすい印象になります。

「漢字:ひらがな=3:7」を意識して執筆すると、幅広い層が読みやすい記事になるので、ぜひ心掛けながら執筆してみてください。

執筆したらしっかりとチェックを行おう

記事の執筆が完了したら、必ず読み返して修正がないか確認しましょう。
確認の際は、以下の点に注意しましょう。

  • 誤字脱字
  • 表記の統一性
  • 改行や段落分けの頻度

確認をする際は文章を何度も音読したり、添削ツールを利用したりすると、効率良く修正点に気が付けます。
また、自分による確認が終わったら、他の人にも確認してもらうと、より質の高い記事になりますよ。

まとめ:Webライティングのコツを掴んで良質な記事を執筆しよう!

今回は、良質な記事を執筆するための、Webライティングのコツを7つ紹介しました。

今回紹介したコツを意識して記事を執筆するだけで、読みやすい良質な記事が執筆できるようになりますよ。
どれもすぐに取り入れられる内容なので、ぜひ次の執筆の際に心掛けてみてください。

また、良質な記事を執筆するには丁寧に構成を作成するのと、執筆完了後の入念な確認が必要不可欠です。
以下の記事でやり方を紹介しているので、記事の質をさらに上げたい方はぜひ併せて参考にしてみてください。

コメント