【Webライター始め方】届出は必要?事前に学ぶべき2つのことを紹介

ライター

「Webライターを始めたいけど必要なものは?」

「どこで仕事をもらえばいいの?」

これからWebライターを始めたい方は、2人のように多くの疑問があるでしょう。

今回は、Webライターに必要な知識や道具などを解説しながら、仕事をもらう方法などを紹介していきます。また、おすすめのライティングスクールも紹介

この記事を最後まで読むことで、今日からWebライターを始められます。ぜひ最後までご覧ください。

Webライターになるのに資格や届出は必要?

Webライターとして活動するのに資格は必要なの?

これからWebライターとして活動したい方の多くは、資格や開業届が必要なのか気になるでしょう。

結論から述べると、Webライターとして活動するのに資格や開業届は基本的に必要ありません

しかし、開業届に関しては、場合によって提出すると以下のメリットが得られます。

  • 独立○年とアピールできる
  • フリーランスがテーマの案件を受注できる
  • 開業しているためライターへの本気度が伝わる

開業届について詳しく知りたい方は国税庁のHPを確認

Webライターに必要な仕事道具

Webライターが副業として人気がある理由のひとつは、パソコンとインターネット環境さえあれば時間や場所を問わずにどこでも作業ができるからです。

高い性能のパソコンじゃないとダメなんでしょ?

ご安心ください。Webライターを行うのに必要なパソコンは、Wordが動く程度の性能であれば問題ありません。また、最近人気のiPadにキーボードを接続して作業を行うことも可能です。

インターネット環境も高速回線は必要なく、Web閲覧がストレスなく行える程度で問題ありません。

今持っているパソコンでもできるね!

Webライターに必須の「SEOの知識」

Webライターとして活躍するために学ぶべきことは?

以下の2つは、Webライターを始めるうえで特に必要な知識なので、ぜひ学ぶことをおすすめします。

  • SEO
  • ライティングスキル

SEOとは、日本語で「検索エンジン最適化」と訳されます。インターネットで検索した際に自分の記事が上位表示されやすくするための対策を指します。

SEOは常に更新されるため、最新の知識を身につけている必要があります。そのため、書籍やSEOについてまとめた記事を定期的にチェックするようにしましょう。

ライティングスキルについては次章で詳しく紹介します!

Webライターに必須の「ライティングスキル」

2つ目に重要なのは、「ライティングスキルについて学ぶ」ことです。Webライターは、文章を書く職業のため、適切な日本語表現や相手を惹きつける文章力が要求されます。

ライティングスキルを身につけるおすすめの方法は、オンラインのライティングスクールに加入することです。

どこのスクールが良いの?

実際に筆者「ナガシカ」が加入しているライティングスクールは、「web+(ウェブタス)」です。

web+では、記事を執筆し実績のある運営人からの添削を受けることで、ライティングについて学べます。

最大の特徴は、自分が執筆した記事に対して収入がもらえる点です。お金を稼ぎながらライティングスキルを学べる他にはない魅力的なスクールとなっています。

Web+(ウェブタス)ってどう?評判からみる特徴を受講生が解説!
「Web+(ウェブタス)の評判について知りたい。」「評判を通してWeb+(ウェブタス)がどんなところなのか知りたい。」こんな方に向けて記事を書きました。本記事は、ウェブタスの評判から見る特徴をウェブタスの受講生が解説しています。

>>無料でweb+に問い合わせてみる

お問い合わせフォーム下部の「紹介者ニックネーム」に「ながのしょうご」と入力することで、私に加入したことが伝わり、いつでもチャットでお話できます。

Webライターの始め方

ここまでWebライターに必要な知識などについて紹介してきました。ここからは、どのようにしたらWebライターとして活動できるのか解説していきます。

Webライターは、後述するクラウドソーシングなどを利用することで活動できます。しかし、実績がない状態でクラウドソーシングで仕事を受注することは難しいでしょう。

どうやったら実績は作れるの?

そこで、まずはブログを開設しポートフォリオに登録することをおすすめします。詳しい方法については次章で紹介していきます!

ブログを作ってポートフォリオに登録する

Webライターとして活動を開始する前には、ブログを作成し実績をポートフォリオに登録することをおすすめします。

ポートフォリオとは、自分が執筆した記事や自己紹介をひとつにしたもので「私はこれくらいのライティングスキルがあります!」と、相手に示す履歴書のような役割をもちます。

クライアントへ実績が提示できれば、有利に案件を受注できるので、ぜひブログを開設してポートフォリオを作成しましょう。

早速僕も始めてみるよ!

初心者ライターがブログを書くべき理由4つ解説!注意点も説明
この記事では、初心者Webライターがブログを書くべき理由を4つ紹介。ブログ開設は手間がかかりますが、多くのメリットがあります。注意点も紹介しているため、初心者Webライター必見。
Webライターはブログも一緒に始めよう【理由とメリットを紹介】
本記事では、Webライターはブログも一緒に始めるべき理由とメリットを紹介。ブログを始めるか迷っているWebライターは、ぜひ参考にしてみてください。

仕事をもらう方法は2つ

Webライターは、基本的にインターネットを利用してクライアントから仕事を受注します。受注方法は大きく分けて2つあります。

  • SNSで募集する
  • クラウドソーシングに登録する

次章からそれぞれの特徴や詳しい受注方法について紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

まだどちらも登録・活用をしていないという方は、無料で登録可能なのでこの機会に登録することをおすすめします。

僕もすぐに登録してみるね。

SNSを活用する

1つ目の受注方法は、「SNSを活用する」です。SNSでは、主にTwitterを活用していきます。

Twitterをどう活用するの?

具体的なTwitterの活用方法は、キーワード検索から「ライター募集」と検索します。すると、Webライターを募集している方(クライアント)のツイートが見られます。

そこから、内容を確認しコンタクトを取り案件を受注するという流れです。

まだ、Twitterに登録していない方は、以下のリンクから無料登録してみましょう!

Twitterの登録はこちら

クラウドソーシングに登録

2つ目の受注方法は、「クラウドソーシングに登録する」です。クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事を依頼するクライアントと受注する側でコンタクトを取り合い仕事を行うサービスです。

仕事数も多く代表的なクラウドソーシングには、以下の2つがあります。

どちらも無料登録することで、たくさんのライター案件を探すことができます。文字単価や記事ジャンルなど細かい設定をして検索を行えるのも特徴です。

得意なジャンルで探してみよう!

まとめ:ブログで実績を作りWebライターになろう!

今回は、Webライターを始めたい方向けに必要な知識や道具、仕事のもらい方を紹介してきました。最後に要約した内容でおさらいしましょう。

Webライターには必要な資格はなくパソコンとインターネット環境があれば始められます。そして、SEOやライティングスキルについて学ぶことが重要です。

仕事の受注方法はSNSを活用する方法と、クラウドソーシングに登録する方法があります。

この記事を参考に、ぜひWebライターとしての活動を始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. […] 【Webライター始め方】届出は必要?事前に学ぶべき2つのことを紹介 […]