記事作成の依頼におすすめのサービス4選【失敗しないコツも紹介】

ライター

「記事作成の依頼をしたいんだけど、どのサービスが良いかからない。」
「記事作成を依頼して、自分の求めるものがきちんと納品されるか心配だな。」

このような悩みや考えを持っている人たちのために、本記事では以下のような内容を紹介しています。

☑ 本記事の内容

  • 記事作成の依頼ができるおすすめサービス
  • 記事作成の依頼で失敗しないコツ

記事作成の依頼を初めてする人は、ぜひ参考にしてみてください。

記事作成の依頼をする前に予算を決めておこう

記事作成を依頼するときは、必ず対価として報酬を渡す必要があります。

なので、記事作成の依頼をする前に、予算を決めておきましょう。

予算を決めておけば、必要以上にお金を消費せず計画的に記事作成の依頼ができますよ。

予算に合わせたおすすめサービスタイプは、以下のようになっています。

おすすめサービスタイプ
文字単価2円以下クラウドソーシング
文字単価2円以上専門業者

文字単価に合わせると、利用すべきサービスも自然と分かるようになります。

記事作成の依頼ができるおすすめサービス

記事作成の依頼ができるおすすめサービスは、主に以下の4つあります。

おすすめサービス一覧

  1. クラウドワークス
  2. ココナラ
  3. サグーワークス
  4. ALVO

各サービスは特徴や使用感、文字単価の相場など、様々な違いがあります。

なので、サービス内容を確認してからあなたに合ったサービスを利用しましょう。

では記事作成の依頼ができる各おすすめサービスの特徴を、順に紹介していきます。

【依頼におすすめのサービス①】クラウドワークス

情報
サービスタイプクラウドソーシング
文字単価相場1円~1.5円
ライターレベル初心者~中級者

クラウドワークスは、業界内でも日本最大級のサービスとして有名なクラウドソーシングです。

クラウドワークスの魅力は、やはりライターの数が非常に多いこと。

登録して記事作成の依頼を出せば、短時間でたくさんのライターが見つかりますよ。

価格もかなり安いので、初めて記事作成を依頼する人にもおすすめできます。

>>クラウドワークスに無料で記事作成を依頼してみる

【依頼におすすめのサービス②】ココナラ

情報
サービスタイプオンラインマーケット
文字単価相場1円~2円
ライターレベル初心者~中級者

ココナラは、記事作成を依頼したいライターを自分で探すマーケット形式のサービスです。

ココナラの魅力は、自分が気に入ったライターにのみ記事作成を依頼できること。

数ではなく、質の高いライターを自分で選びたい場合に最適ですよ。

価格もクラウドソーシングと同じくらいなので、記事作成の予算を抑えて依頼したい人におすすめです。

>>ココナラに無料で記事作成を依頼してみる

【依頼におすすめのサービス③】サグーワークス

情報
サービスタイプ専門業者
文字単価相場1.5円~3円
ライターレベル中級者~上級者

サグーワークスは、業界内でも日本最大級の記事作成代行サービスです。

最大の特徴は、SEOに強いWebマーケティング会社「ウィルゲート」が運営していること。

サグーワークスが選出した質の高いライターに記事作成を依頼できます。

価格も最低額で1文字0.75円からと、他のクラウドソーシングと同じくらいの安さで依頼できるところも魅力的です。

>>ザグーワークスに記事作成を依頼してみる

【依頼におすすめのサービス④】ALVO

情報
サービスタイプ専門業者
文字単価相場1.5円~4円
ライターレベル中級者~上級者

ALVOは、クライアントのニーズに合わせて記事作成をしてくれる代行サービスです。

ALVOはヒアリングをしてから記事発注を行うので、質の高い記事を依頼できる魅力があります。

依頼費用も「1文字1.5円から」と低価格で、初めてでも依頼しやすいところもポイントです。

記事発注からWordPless入稿までしてくれる会社を探している人におすすめできます。

>>ALVOに記事依頼を依頼してみる

記事作成の依頼で失敗しないコツ

ここでは、記事作成の依頼で失敗しないコツについて紹介しています。

記事作成の依頼で失敗しないコツは、主に以下の2つが挙げられます。

記事作成の依頼で失敗しないコツ

  • 記事作成を依頼する人の実績を確認する
  • 記事作成時のテンプレートを用意する

これらのコツを参考にしつつおすすめサービスを利用すれば、よりあなたの求めている記事になりますよ。

それでは、記事作成の依頼で失敗しないコツについて、順に説明していきます。

記事作成を依頼する人の実績を確認する

記事作成を依頼するときは、必ず依頼する人の実績を確認しましょう。

実績を確認しておけば、「自分の求めている記事を執筆してくれるか」の判断がしやすくなります。

例えば、SEOに強い記事を執筆してほしい場合は「SEOの知識や執筆経験があるかを確認する」みたいな感じです。

特に、クラウドワークスやココナラなどのクラウドソーシングで依頼するときは必須です。

専門業者であれば、業者の評判や口コミも一緒に調べておきましょう。

※ちなみに、ナガシカでも記事の執筆を行っております。実績やお値段は、以下のリンクからご確認ください。

>ナガシカに記事作成を依頼してみる

記事作成時のテンプレートを用意する

クラウドソーシングなど、個人ライターに記事作成の依頼をする場合は、執筆時のテンプレートを用意しておきましょう。

テンプレートがあれば、記事のクオリティがある程度確保できるメリットがあります。

実際に私も記事作成の依頼をお願いしているライターに、自分で作成したテンプレートを用意しています。

専門業者に依頼する場合は、専門ライターが担当するので用意しなくても大丈夫です。

まとめ:コツを掴んで記事作成の依頼をしよう

今回は、記事作成の依頼におすすめのサービスを4つ紹介しました。

本記事で紹介した「記事作成の依頼におすすめのサービス」を、おさらいしましょう。

  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • ザグーワークス
  • ALVO

記事作成の依頼で失敗しないコツも参考にして、一度サービスを利用してみましょう。

コメント