初心者必見!Webライターが収入UPするための5つのコツを解説!

ライター

Webライターとして活動を始めたけれど、全然収入に繋がらない…

上記のように、Webライターとして活動を始めたけれど、収入が増えずに悩んでいる人は多いでしょう。

そこで今回は、初心者Webライター向けに収入を上げる5つのコツを解説します!

また、初心者Webライターとして活動する際の注意点も紹介するので、収入を上げたい初心者Webライターはぜひ参考にしてみてください。

Webライターとは

まずは、Webライターとは具体的にはどのような仕事をする人なのか確認しましょう。

Webライターとは、インターネットで検索した時に表示される記事を執筆する人のことです。

基本的に、「自分の代わりに記事を書いてほしい!」という募集に対して、Webライターが応募、納期までに執筆した記事を納品することで報酬をもらえます。

現在、Webライターは専門知識がない初心者・未経験者でも始められることから、着実に稼げる副業として注目が高まっているのです。

初心者Webライターの収入の相場は?

Webライターの収入は「執筆した文字数×文字単価」であり、Webライターの経験や実力によって、文字数や文字単価は変化します。

今回は、Webライターの経験ごとの文字単価と収入の相場を紹介します。依頼を受注して、納期や文字単価を決める際の参考にしてみてください。

Webライターの経験文字単価月収(10万字執筆した場合)
~3か月0.5~0.9円月5~9万円
3~12ヶ月1.0~1.5円月10~15万円
1~1.5年1.5~2.0円月15~20万円
1.5年~2.0~2.5円月20~25万円

初心者Webライターが収入をUPさせる5つのコツ

Webライターの収入の相場を紹介しましたが、執筆スピードや生活のことを考慮すると、初心者Webライターは頑張っても月1~3万円程度しか稼げない場合が多いです。

しかし、以下の5つのコツを把握・実践すれば、初心者Webライターでも効率良く収入を上げることができますよ。

  1. 執筆スピードを上げる
  2. ブログを書いて実力を示す
  3. クラウドソーシングに登録する
  4. 文字単価は最低でも1.0円から受注する
  5. 納期を守る

それぞれについて詳しく解説するので、収入を上げたい人はぜひ参考にしてみてください。

収入UPのコツ① 執筆スピードを上げる

1つ目の収入を上げるコツは、「執筆のスピードを上げる」です。執筆スピードを上げることで、1ヶ月に納品できる記事数、そして収入が増えますよ。

まずは、現時点で1記事執筆するのに何時間かかっているか確認してみましょう。時間を計る際はリサーチ、構成作り、本文執筆、確認作業など、作業ごとに分けて計るのがおすすめです。

具体的な執筆時間が分かれば、「今回は30分早く完成させよう!」などと目標が立てやすくなったり、執筆時間を縮めるための改善方法を見つけやすくなったりします。

また、1ヶ月に執筆できるおおよその記事数も把握できるので、スケジュール管理にも役立ちます。

収入UPのコツ② ブログを書いて実力を示す

2つ目の収入を上げるコツは、「ブログを書いて実力を示す」です。

多くの依頼者は、Webライターに依頼を検討する際に実績を参考にします。しかし、初心者Webライターには実績がまだないため、依頼者に実力を知ってもらうことができません。

そこで、ブログを書いておけば、自分の実力や文体の雰囲気などを依頼者に分かりやすく伝えることができるため、実績がなくても依頼の受注に繋がりやすくなるのです。

収入UPのコツ③ クラウドソーシングに登録する

3つ目の収入を上げるコツは、「クラウドソーシングに登録する」です。

「知り合いがWebライターを探している!」のような場合でない限り、基本的にWebライターはクラウドソーシングで依頼を受注します。

そのため、クラウドソーシングに登録していないと、依頼の受注数はほとんどなく、いつまでもWebライターとして本格的に活動できない状況が続いてしまします。

クラウドワークスココナラなど、ほとんどのクラウドソーシングは無料で登録できるので、Webライターとして活動すると決めたらすぐに登録手続きを行いましょう。

収入UPのコツ④ 文字単価は最低でも1.0円から受注する

4つ目の収入を上げるコツは、「文字単価は最低でも1.0円から受注する」です。「実績もないし、初心者だから…」などと言って、1.0円未満の依頼ばかり受注するのは控えましょう。

なぜなら、文字単価が1.0円未満だと、本格的に稼ぐには時間が足りないからです。

もし、月10万円稼ぎたい場合、文字単価0.3円で受注すると5,000文字の記事を1ヶ月に約66記事も納品する必要があります。しかし、1ヶ月60記事以上を納品するのは専業でやっても難しいです。

初心者OKで文字単価1.0円以上の依頼は少ないですが、なるべく妥協しない方が効率良く収入を上げることができますよ。

収入UPのコツ⑤ 納期を守る

5つ目の収入を上げるコツは、「納期を守る」です。依頼を受注したからには、必ず納期を守りましょう。

なぜなら、初心者Webライターは、実力よりも人間性や信頼が重視されることによって依頼の受注に繋がるからです。

また、いくら実力や実績があっても納期を守れないWebライターは、依頼を打ち切られてしまう可能性がとても高いです。

そのため、初心者のうちから納期を守ることを当たり前にしておきましょう。信頼と実績を積むことができ、自然と依頼の受注数が増えていきますよ。

初心者Webライターが収入を上げるための注意点

「Webライターとして本格的に稼ぎたい!」と考えるなら、最低でも3ヶ月は活動を続けましょう。

なぜなら、最初の1~2ヶ月はテストライティングを受けたり、マニュアルを読んだり、やることが多くて全然稼げないからです。

しかし、3ヶ月ほど経つとテストライティングが終わり、依頼者とのやり取りに慣れるため、執筆だけに力を注ぐことができ、本格的にWebライターとして稼ぐことができますよ。

初心者Webライターは信頼と実績を積んで収入UPを目指そう!

今回は、初心者Webライター向けに、収入を上げるためのコツについて解説しました。

どれもすぐに実践できることなので、Webライターとして本格的に活動したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 執筆スピードを上げる
  2. ブログを書いて実力を示す
  3. クラウドソーシングに登録する
  4. 文字単価は最低でも1.0円から受注する
  5. 納期を守る

ただし、Webライターは短期間では収入が上がりにくい仕事であるため、最低でも3ヶ月は諦めずに活動を続けるようにしましょう。

すると、信頼と実績を積むことができ、依頼の受注数が増えたり、文字単価を上げたりできますよ。

コメント

  1. […] Webライター初心者の収入を見てみる […]