クラウドワークスにある仕事内容は?初心者でも稼げる仕事を3つ紹介

ライター

クラウドワークスに掲載されている仕事の内容が知りたい」「できれば簡単な仕事がしたい」と思っていませんか?

そこで、この記事ではクラウドワークスの仕事内容初心者でも稼げる仕事を3つ紹介します。

この記事を読むことで、クラウドワークスの仕事内容や初心者でも稼げる仕事が分かりますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

そもそもクラウドワークスとは?

「クラウドワークス」は、インターネット上で仕事の発注・受注ができる「仕事のマッチングサイト」です。

クラウドワークスでは、ユーザー数・案件数が300万を超えており、「ランサーズ」と並んで国内最大級のサービスです。

また、クラウドワークスの一番の特徴は、インターネット上のやりとりで仕事が全て完結することです。

そのため、受注者側はインターネット環境とパソコンがあれば場所を選ばず仕事ができます。仕事自体も様々なものが掲載されているので、自身のスキルや希望にあった仕事に応募ができますよ。

一方で、発注者側にとっては人を雇ったり、別の企業に外注したりするよりもコストを下げて依頼できることがメリットとなります。

また、両者の間にクラウドソーシング会社が入るため、金銭トラブルがほとんどなく、安心して仕事に取り組めるのもクラウドソーシングの存在があってこそですね。

クラウドワークスに掲載されている仕事内容

クラウドワークスは、仕事のマッチングサイトだと解説しましたが、実際に掲載されている仕事内容が気になりますよね。

クラウドワークスに掲載されている主な仕事内容は以下のとおりです。

  • アンケート
  • データ入力
  • テープ起こし・文字起こし
  • Webライティング
  • ネーミング制作
  • ロゴデザイン制作
  • 広告バナー制作
  • イラスト制作
  • LINEスタンプデザイン
  • 写真撮影
  • 動画制作
  • 翻訳・通訳
  • ホームページ制作
  • スマホアプリ開発
  • ネットショップ構築
  • システム開発
  • 3D-CG制作
  • ECサイト制作

また、クラウドワークスに掲載されている仕事には、仕事の内容や性質に合わせて、3つの仕事形式に分かれることを覚えておきましょう。

  1. タスク形式
  2. コンペ形式
  3. プロジェクト形式

1つずつ順番に解説していきますので、クラウドワークスで仕事を受注しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

タスク形式

タスク形式の仕事は単純な仕事を多くの人にやってもらう形式です。主に、アンケートやレビューの仕事が多いです。

誰でも始めやすいですが、その分報酬も数十円からと安い傾向にあります。

コンペ形式

コンペ形式はクライアントの依頼に対して作品やデザインを先に納品し、その後、クライアントに選ばれた応募者のみが報酬を貰えるという形式です。

選ばれなくても、優秀な作品であれば多少の報酬が支払われることもありますが、基本的には報酬は発生しません。

そのため、自身の作品が勝てる可能性があるか考えて応募する必要があります。ちなみに、コンペ形式はデザイン関係の募集に多い形式です。

プロジェクト形式

プロジェクト形式は、1対1でクライアントと話し合いながら仕事を進めていく形式です。

WebライティングやWebデザインなどの仕事はこの形式をとっています。

また、プロジェクト形式は2種類に分けられていて、あらかじめ決められた報酬額を行った仕事に対して払う「固定報酬制」と、かかった時間に対してお金を払う「時間単価制」があります。

クラウドワークス初心者でも稼げる仕事内容を3つご紹介

クラウドワークスにはWebデザインやプログラミングなどの「専門的なスキルが必要な仕事」から「誰でも簡単に始められる仕事」まで様々な仕事があります。

しかし、初めてクラウドワークスを利用する方だと、どの仕事が簡単に始められて稼げるのか分かりませんよね。

そこでこの章では、クラウドワークス初心者でも稼げる仕事として以下の3つを紹介します。

  1. データ入力
  2. 文字起こし
  3. Webライター

1つずつ順番に解説していくので、「クラウドワークス初心者だけど稼げる仕事が知りたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

クラウドワークス初心者が稼ぐための4つのステップを徹底解説!
当記事ではクラウドワークスで初心者が稼ぐための4つのステップ、初心者でも稼ぎやすい仕事の種類、初心者が気付きにくい注意点について解説します。クラウドワークスを活用したい人は必見。
簡単に稼げる!クラウドワークス初心者におすすめの4つの仕事を紹介!
当記事では、クラウドワークス初心者向けに簡単にできるおすすめの仕事や、受注率を上げるコツを紹介します。クラウドワークスで稼ぎたいと考える人は、是非参考にしてみてください。

クラウドワークス初心者でも稼げる「データ入力」の仕事内容

「データ入力」は、企業が持っている情報やアンケートなど外部から得た情報をPCに入力する仕事です。

イメージとしては会社で行われている事務作業に近いですね。実際の募集を見てみると、アンケート回答や顧客情報の入力・商品レビューなどがあります。

1件につき数十円と低単価ですが、コツコツと同じ作業をするのが苦でなければ、誰でもできる業務内容です。

また、クライアントの評価を上げやすく、タイピング力も上げられるので、クラウドワークスを始めたての人パソコン作業の速度を上げたい人におすすめでしょう。

クラウドワークス初心者でも稼げる「文字起こし」の仕事内容

Webライターはブログも一緒に始めよう【理由とメリットを紹介】

「文字起こし」は、インタビューや勉強会の音声などを文字に起こしてテキストファイルで納品する仕事です。

報酬は1分の音声で50円〜120円ほど。ただし、1分100円を超える仕事には応募者が殺到するため、実績のある方が採用される傾向にあります。

誰でもできる仕事ではありますが、タイピングの速度と正確性が大切なので、向き不向きが分かれる仕事です。初心者でも稼げる人は1か月に2万円~3万円ほど稼ぐことも可能ですよ。

クラウドワークス初心者でも稼げる「Webライター」の仕事内容

「Webライター」はブログやメディアなどで、指定されたジャンルの執筆を代行する仕事です。Webライターは文字単価で報酬が支払われることが多く、初心者は1文字0.5円~1円程度で始まることが多いです。

Webライターの仕事をしている方の中には、副業で5万円程度、専業だと20万円以上稼いでいる方もいらっしゃいます。

また、「データ入力」や「文字起こし」は誰でもできる仕事のため、単価アップは難しいですが、Webライターは案件をこなしていくうちに文字単価が上がり、報酬額が1.5倍、2倍になることも珍しくありません。

さらに、案件をたくさん請け負えればWebディレクター、SEOの知識がつけばWebマーケターなど、Webライター以外のスキルアップも可能ですよ。

クラウドワークスの手数料はいくら?

様々な仕事があり、初心者でも気軽に始められるクラウドワークスですが、利用する際には手数料がかかることを覚えておきましょう。

クラウドワークスの手数料を以下の表にまとめましたので、気になる方は参考にしてください。

報酬額システム手数料
20万円超の部分5%
10万円超20万円以下の部分10%
10万円以下の部分20%
タスク形式での場合20%

10万円以下とタスク形式での場合、手数料が20%かかります。つまり、1万円の案件を納品した場合でも、手元に入ってくるお金は8000円ということです。ちなみに、計算式に表すと以下のような式になります。

ワーカー受け取り金額(税抜)=(契約金額+消費税)-(システム利用料+消費税)- 契約金額の消費税

クラウドワークスの口コミ

ここまで、クラウドワークスの特徴や初心者でも稼げる仕事内容について紹介しました。

しかし、実際に利用する前にクラウドワークスの口コミを知っておきたい方もいるでしょう。

そこでこの章では、良い口コミ2つ悪い口コミ1つをまとめましたので、クラウドワークスの口コミが知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【クラウドワークス】口コミや評判から特徴を徹底解説
本記事では、口コミや評判からクラウドワークスの特徴を徹底解説。実際に利用している人の口コミを紹介しているので、クラウドワークスを利用するか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

良い口コミ1:安心して仕事に取り組める

クラウドワークスでは、仮払いシステムを導入しているので、金銭トラブルはほとんどありません。

また、東証マザーズに上場を果たしている企業なので、安心して仕事依頼や案件の受注ができます。

良い口コミ2:初心者でもすぐに稼げる

未経験でもできる仕事もあり、登録すれば初心者でもすぐに稼げます。育児や介護など、在宅でしか働けない方でも仕事ができて良いといった意見もあります。

悪い口コミ1:悪質な仕事依頼がある

クラウドワークスの案件の中には悪質な仕事依頼があるのも実情です。「手数料も引かれて、手元にお金が残らない」という仕事は避ける必要があります。

【クラウドワークス】悪質クライアント6選!対応策と見抜く方法を紹介
今回は、クラウドワークスで実際に行われた悪質なクライアントによる対応6選を紹介しながら、悪質クライアントを見抜く2つのポイントについて解説していきます。また、すでに悪質クライアントに遭遇してしまい対応に困っている方向けに対応策も紹介...

クラウドワークスへの登録方法

最後に、クラウドワークスへの登録方法をご紹介します。クラウドワークスへの登録手順を以下にまとめましたので、参考にしてください。

  1. クラウドワークスへアクセスし、「無料で利用を開始する」をクリック
  2. メールアドレスを登録し、送られてきたURLをクリック
  3. 個人情報等、必要な情報を登録する(「主な利用方法」は「仕事を受注する」を選びましょう)
  4. 「会員登録を実行する」をクリックして完了

ここまで行えば、あとは自分の好きな仕事を受注するだけです。ただし、受注率を上げるためには、以下のような工夫が必要なので、併せて覚えておきましょう。

  • 本人確認書類の提出
  • 登録名やプロフィール画像の設定
  • 詳しいプロフィールの入力など
>>内部リンク(クラウドワークス 登録)

まとめ:自分に合った仕事内容でクラウドワークスで稼ごう!

今回はクラウドワークスの仕事内容と初心者でも稼げる仕事を紹介しました。

最後に、記事で紹介した内容を以下にまとめましたので、もう一度おさらいしておきましょう。

  • クラウドワークスは安心して仕事に取り組める環境
  • クラウドワークスの案件は様々なものがある
  • クラウドワークスは初心者でも稼げる
  • おすすめの仕事は「データ入力」「文字起こし」「Webライター」
  • 手数料、悪質な仕事、作業範囲には注意が必要

クラウドワークスは初心者でも稼げる仕事が多いですよ。

在宅でしか仕事ができない方や副業をしたいサラリーマンの方だと自分のペースで働けるので、一度登録してみてはいかがでしょうか。

https://nagashika.com/5777/

コメント

  1. […] クラウドワークスにある仕事内容は?初心者でも稼げる仕事を3つ紹介初心者でも稼げるクラウドワークスの仕事内容を知りたいですか?この記事ではクラウドワークスの仕事内容と初心 […]