fxが無理ゲーだと言われる5つの理由と稼ぐために必要なこととは?

生きていく知恵

「fxって無理ゲーなの?」「fxが無理ゲーっぽい。稼ぐ方法ってあるの?」こんな方に向けて記事を書きました。

fxは、とても簡単に始められますが、稼ぐのが難しい無理ゲーだと言う声も多く聞かれます。
fxのどんな特徴が無理ゲーだと言われているのでしょうか?

本記事では、fxが無理ゲーだと言われる5つの理由を解説していきます。
記事の後半には、稼ぐために必要なことも紹介していますので、fxでチャレンジしたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

fxが無理ゲーだと言われる5つの理由

最近は、副業や資産形成に力を入れている人が、とても多いですよね。
中でも、fxは副業や事業・資産形成の手段のひとつとして人気があります。

しかし、YouTubeやSNSでは、fxが無理ゲーだという声も多いです。

本章では、fxが無理ゲーだと言われる理由について紹介します。
fxが無理ゲーだと言われる理由は、5つあります。

  1. 多くの人が負ける
  2. 利益確定が難しい
  3. 感情のコントロールが難しい
  4. 突然の暴落がある
  5. 成長が感じられない

次の章から詳しく解説していきますね。

【fxが無理ゲーな理由】①多くの人が負ける

正確な統計データはありませんが、fxにチャレンジした人の90%は、1年以内に負けてやめてしまうという言われています。

fx初心者の方でも、始めはそこそこ勝てます。
しかし、fx初心者は1回あたりの利益は少しであるにもかかわらず、負けるときには大きな損失を出して負けてしまいます。

そして、多くの人が強制退場となります。
多くの人が、この負けパターンに陥るため、fxは無理ゲーだと言われるのです。

【fxが無理ゲーな理由】②利益確定が難しい

fxが無理ゲーだと言われる理由に、利益確定が難しいという理由があります。

利益が出ているときは、早く利益を確定したいという心理が働き、まだ小さい利益であっても利益確定してしまうからです。

逆に損失は、確定させたくため、リスクをとってズルズルと損失を拡大させてしまいます。

結果として利益は小さく、損失が大きくなります。
この利益確定の難しさが、fxが無理ゲーだと言われる理由のひとつです。

【fxが無理ゲーな理由】③感情のコントロールが難しい

fxをやってみると感じるのは、感情のコントロールが難しいということです。

「損をしたくない」という心理が、無意識に行動や選択に影響を与えてしまい、損失が大きくなる行動を取ってしまうからです。

fxは、24時間やっていますから、疲労してきたりイライラしてきたりする時間がどうしてもやってきます。

常にモニターに集中しながら、自分の感情とうまく付き合い続けることは、並大抵のメンタルではありません。

損失があるときは、一気に損失を取り戻すことに固執してしまい、リスクを取りたくなります。しかし、リスクを取り戻したいと思っているときは、ほとんどの場合は既に冷静さを欠いています。

【fxが無理ゲーな理由】④突然の暴落がある

fxには、どんなに勉強しても集中していても防げない突然の暴落があります。
予期せぬニュースや指標、要人の発言の影響で相場は影響を受けてしまうため、運が悪ければ一瞬にして資産は吹き飛びます。

例えば、有名な暴落は、以下のようなものがあります。

●【ドル/円】1995年阪神淡路大震災 101円→79円
●【ドル/円】2008年リーマンショック 109円→87円
●【ユーロ/ドル】2010年ユーロ危機 1.5ドル→1.19ドル
●【ユーロ/フラン】2015年スイスフランショック 1.20フラン→1.01フラン

こういった暴落や高騰が起きたときは、資産が増えて喜ぶ声が聞こえる一方で、fxが無理ゲーだという悲鳴にも似た声がSNS上で溢れます。

【fxが無理ゲーな理由】⑤成長が感じられない

fxは、1年間の利益が1日の暴落で吹き飛んでしまうようなことがあるため、成長が感じられないと思う方が多いです。

相場は、自分の努力ではコントロールしきれない部分があります。
また、自分が信じていたトレードルールが通用しないと感じる相場もあります。

fxは、人気の副業や事業のひとつですが、他に人気の副業と比較しても成長が感じにくい傾向にあります。
例えば「せどり」であれば、確実に増えていく売り上げなどが成長の指標になり、「Webライティング」などであれば文字単価で自分の成長を感じることができます。

成長を感じにくいfxは、他の副業や事業と比較して出口のないトンネルのように感じる方が多く、無理ゲーだと言われます。

fxのオススメしにくい3つのリスク

fxは副業や事業・資産形成の手段として、オススメしにくいリスクがあります。
本章では、3つのリスクを紹介します。

  • 借金リスク
  • 塩漬けリスク
  • 時間がかかり過ぎるリスク

それぞれ解説していきます。

借金リスク

fxは、レバレッジといって自分の資産を元手に、所持金よりも大きな取引ができるため借金のリスクがあります。

負けを取り戻すため、1発逆転を狙い借金をしてでも勝負する人が数多くいます。

借金をしてまで、勝負することが信じられない方もいると思いますが、fxには人をそこまで熱中させる魔力があります。

塩漬けリスク

fxには塩漬けといって、見通しが外れて損失を抱えてしまったにもかかわらず、長時間持ち続ける状態になってしまう塩漬けリスクがあります。

損失を抱えた状態で決済すると、資金が大きく減ってしまうため、塩漬けとなり投資資金の効率が悪くなってしまいます。

一度塩漬けになると、現金化することや新たに投資することができなくなるリスクがあります。

時間がかかり過ぎるリスク

FXの短期トレードは、時間がかかり過ぎるリスクがあります。
あなたの時間は、資産や資金と同様に限りある資源です。

FXの短期トレードは、常に値動きをチェックする必要があり、朝から晩までチャートを見続けなければなりません。

投資資金だけでなく、あなたの多くの時間までも無駄に失ってしまわないように注意が必要です。

fxで稼ぐまでに必要な3つのこと

本章では、fxで稼ぐために必要な3つの要素を解説します。

  1. 自分なりのルール
  2. どんなときもルールを守るメンタル
  3. チャンスが来るまで待つ忍耐力

それぞれ解説していきます。

自分なりのルール

fxで稼いでいるトレーダーに共通しているのは、自分なりのトレードルールを持っています。

感情に任せた感覚的なトレードでは絶対に勝てないからです。

fxでいる稼いでいるトレーダーは、例外なく自分なりのトレードルールを常に検証し、改善し続けていますよ。

どんなときもルールを守るメンタル

自分なりのトレードルールも持っているだけでは、fxで稼ぐことはできません。
鉄のメンタルで、そのトレードルールを守ることが必要です。

トレードルールを持っていても、それに従わず毎回違う判断をしていては、トレードルールは生かされず、検証も改善もできません。

稼いでいるトレーダーは、どんなときも鉄のメンタルトレードルールを死守ます。

チャンスが来るまで待つ忍耐力

fxで稼げるようになるには、チャンスが来るまで待つ忍耐力が必要です。
fxで稼ぐには、極力リスクを取らない低リスクな選択が必要だからです。

fxで生活をしているような勝ち組トレーダーは、大きなチャンスかどうかよりも、低リスクかどうかを最も重要視しています。

fxは他の副業や事業と比較して難しい

前の章では、fxで稼ぐために必要なことを解説しましたが、fxで勝つことは、本当に難しいです。

一時的に勝つことができても、生き残り続けることができるのは、一握りでしょう。
チャレンジするのは良いですが、資産を失くしてしまったり、借金してしまったりする人が多いことを頭に入れておくべきです。

fxが無理ゲーだと感じている人は、fx以外の副業や事業も検討し、自分にとって最適だと思える選択をしてくださいね。

ちなみに私は、fxにチャレンジしましたが、思うような結果を得られず、Webライティング学んでフリーランスになりました。

副業はWebライティングがおすすめ!【理由や注意点も紹介】
「副業でWebライティングをしようか迷っているけど、稼げるか心配だな。」「副業でどうやってWebライティングを始めたらいいか分からない。」このような悩みを持っている人たちのために、本記事では以下のような内容を紹介しています。...

FXはデモトレードといって、仮想のお金を使って取引も可能なので、実際に取引をしてみるいいかも知れませんね。

【まとめ】fxは簡単に始められるが難しい

以上、fxが無理ゲーだと言われる5つの理由と稼ぐために必要なことを解説しました。
fxが無理ゲーだと言われる理由は5つありました。

  1. 多くの人が負ける
  2. 利益確定が難しい
  3. 感情のコントロールが難しい
  4. 突然の暴落がある
  5. 成長が感じられない

fxは、簡単に始められますが、生き残っていくのは、とても難しいです。

fxで取り引きを始めた瞬間から、相場にいるプロフェッショルと戦わなればならないことを肝に命じておきましょう。

チャレンジするなら、しっかり勉強した上で自分なりのトレードルールを作り、検証と改良を繰り替えし、鉄のメンタルでトレードルールを守らなければなりません。

fxが無理ゲーだと感じる方は、fxに固執せず自分に合った副業や事業を探すのも良いと思いますよ。

コメント