リライトの費用はいくら?【相場やおすすめ会社も紹介】

リライトの費用はいくらが妥当?【相場やおすすめ会社も紹介】 ライター

「記事のリライトをお願いしようと思っているけど、費用相場が分からない。」
「安い費用で記事のリライトをしてくれる会社やサイトを知りたい!」

このような悩みを持っている人たちのために、本記事では下記のような内容を紹介しています。

☑ 本記事の内容

  • リライト費用の相場
  • リライト費用が安いおすすめ会社

実際にあったリライトの依頼費用も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

リライトとは?

リライトとは?

【「リライト」とは】
記事のテーマを変えずに、文章を書き換えて改善させる作業のこと。

タイトルや本文に文字を追加したり削除したりして、記事のクオリティとSEO効果をより向上させます。

リライトをすることで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに再評価されて、記事の検索順位が上がる可能性があります。

リライトは、サイトをより成長させるために必須の作業だと言えます。

リライト費用は記事内容によって変化する

リライトの費用は、「1文字2円!」のような決まった価格に設定されていません。

下記のような記事の内容も含めた上で、リライト費用は決定します。

 リライト費用を決める内容

  • 原稿の文字数
  • 記事の専門度

他にも、短期間での納期などの会社専用オプションを追加すると、リライト費用はさらに上がります。

リライトの費用は記事の内容によって変化するので、それを理解した上で依頼を出しましょう。

リライト費用の相場はいくら?

リライト費用の相場はいくら?

リライト費用の相場は、請け負う場所ごとに比較することで、ある程度把握できます。

リライトを請け負ってくれる場所は、大きく分けて下記の2パターンが挙げられます。

 リライトを請け負ってくれる場所

  • 外注
  • 個人

それぞれ違ったリライト費用や特徴があるので、自分が求めているものを確認しましょう。

それでは、各請け負い場所のリライト費用の相場について、順に紹介していきます。

【リライトの費用相場①】外注の場合

外注でのリライト費用相場は、大体「5円~10円/1文字」くらいになっています。

これはあくまで相場なので、会社によってはこれ以上・これ以下の費用になることも。

実際にリライトを請け負っている会社の費用は、以下のようになっています。

リライト費用
文工房2,500円〜/400字
パンフレット作成PRO5,000円/1P(A4)
Office Matroos1,000円〜/400字

外注に依頼すると精度の高いリライトをしてくれますが、費用は若干高めです。

【リライトの費用相場②】個人の場合

個人でのリライト費用相場は、大体「1円~2円/1文字」くらいになっています。

外注のリライト費用相場と比較すると、個人の方が安く依頼できることが分かります。

ただ、外注のリライトと違ってクオリティは依頼する人によってかなり上下するので、依頼者の実績歴やリライト経験をしっかり確認しましょう。

「できるだけリライト費用を安く抑えたい!」という場合は、個人ライターに依頼するのがおすすめです。

安い費用でリライトを依頼できるおすすめ会社

安い費用でリライトを依頼できるおすすめ会社

ここでは、安い費用でリライトを依頼できる会社を紹介しています。

安い費用でリライトを依頼できる会社は、主に下記の3つがあります。

 安い費用でリライトを依頼できる会社

  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ
  3. ココナラ

全て会社に登録している個人ライターがリライトをするので、個人ライターと同じくらい安く依頼できます。

実績や評価を確認して、これらの会社で一定以上のクオリティを出してくれる個人ライターを探しましょう。

①クラウドワークス

クラウドワークスは、あらゆるライターが利用している日本最大級のクラウドソーシングです。

ブログサイトやECサイトはもちろん、パンフレットなど、様々な媒体のリライト案件を依頼できます。

リライト費用も「1文字あたり0.5円~1円」と安く、利用者も多いので、依頼すればかなりの人数が応募してくれます。

クラウドワークスで実際にあったリライト案件と費用を、3本ほど紹介します。

 クラウドワークスで実際にあったリライト案件

  • 恋愛メディア記事のリライト:「300円/1,000字」
  • 薬剤メディア記事のリライト:「1,000円/3,000字」
  • ストーリーのリライト:「500円/4,000字」

リライト費用が分からない場合でも、リライト費用に関する相談所で簡単な見積もりもできます。

②ランサーズ

ランサーズは、「個人ライターの登録数が業界屈指」を強みにしているクラウドソーシングです。

ランサーズはサイトが使いやすくい、様々な媒体のリライト案件を依頼できます。

リライト費用もクラウドワークスと同じくらい安いですが、ライターの登録数だけならクラウドワークスより充実しています。

ランサーズで実際にあったリライト案件と費用を、3本ほど紹介します。

 ランサーズで実際にあったリライト案件

  • メモデータのリライト:「2万円/2万字」
  • 個人ブログのリライト:「2,000円/3,000字」
  • 企業コラム記事のリライト:「9,000円/1万字」

ランサーズも、リライト費用が分からない人のためにリライト費用に関する相談所があるので、こちらも利用しやすいです。

③ココナラ

ココナラは、個人の得意をサービスとして提供したり購入したりできるスキルマーケットです。

ココナラは上記のクラウドソーシングと違って、基本的に依頼者がリライト費用を設定しています。

なので、こちらがリライト費用を設定する必要もなく、初めてリライトを依頼する人も安心して利用できます。

ココナラで実際にあったリライト案件と費用を、3本ほど紹介します。

 ココナラで実際にあったリライト案件

  • 記事のリライト:「1万円〜/5,000字」
  • 薬機法のリライト:「8,000円〜/3,000字」
  • 記事のリライト:「9,000円〜/3,000字」

価格も比較的安く、利用した人の評価も確認できるので、費用も抑えつつ高クオリティでリライトをしてくれます。

まとめ:リライトの費用は会社によって違う

まとめ

今回は、リライトの費用相場と安い費用で行ってくれる会社を紹介しました。

本記事で紹介した内容を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • リライト費用は記事内容によって変化する
  • リライト費用の相場は外注と個人で違う
  • 「外注」は費用が高い代わりにクオリティが高い
  • 「個人」は費用が安い代わりにクオリティが低い

リライトの費用は依頼する場所によって違うので、やってほしいレベルや期間と相談しながら決めてみましょう。

コメント