SEO対策に費用をかけるべき?費用相場や3つのメリットを解説!

マーケティング

SEO対策に費用をかけた方がいい…?

サイトを運営する中で、上記のように考える方がいるかと思います。

自身のSEO対策だけで上手くPV数が増えない場合、SEO対策に費用をかけるべきですが、適当に外注先を選んでしまうと結果は出ないのに費用だけがかかってしまいます。

そこで、今回はSEO対策を外注した場合の費用相場や、サービス内容について紹介します。また、SEO対策に費用をかけるメリットや注意点も紹介しています。

当記事を読めば、SEO対策に費用をかけるべきか判断できるようになるだけではなく、自分に合ったSEO対策を外注できるようになりますよ。

SEO対策のサービス内容

SEO対策は様々な方法がありますが、大きく分けると以下の4つになります。

  1. SEOコンサルティング(総合的コンサルティング)
  2. コンテンツ型SEO
  3. 内部SEO対策
  4. 外部SEO対策(被リンク型SEO)

それぞれを簡単に解説するので、自分が求めるSEO対策はどれに当てはまるのか確認する際の参考にしてください。

SEOコンサルティング(総合的コンサルティング)

SEOコンサルティングとは、サイトのアクセス状況などを確認し、総合的にSEO対策のアドバイスをしてくれるサービスです。

アクセス状況の減少原因を調査したり、サイトの構造の改善点を指摘したり、総合的なアドバイスをしてくれるため効果が出やすい傾向があります。ただし、サイトの規模が大きく複雑になるにつれて、費用がかさみやすくなります。

コンテンツ型SEO

コンテンツ型SEOとは、SEOライティングと呼ばれる、主にブログ記事の原稿作成するサービスです。テーマに沿ったブログ記事を作成することで、サイトの品質を向上させる効果が得られます。

1記事から手軽に外注できますが、ブログ記事の作成者によって実力や費用が異なります。

内部SEO対策

内部SEO対策とはサイトの構造を見直し、改善点をアドバイスするサービスです。内部リンクを改善したり、画像の利用を最適化したりしてくれます。

ページ数の多くなるにつれて見直す箇所が増えるので、費用がかさむ傾向があります。

外部SEO対策(被リンク型SEO)

外部SEO対策(被リンク型SEO)とは、関連性のあるサイトから自分のサイトに向けたリンク(被リンク)を獲得・設定してくれるサービスです。被リンクが増えるとGoogleに評価されやすくなります。

ただし、短期間で被リンクを獲得・設定しすぎると、Googleに作為的な被リンクと判断されてペナルティを受ける可能性があります。そのため、ペナルティを理解した上で外注するか判断しましょう。

SEO対策の費用の相場

SEO対策はサービス内容によって必要な費用が異なります。
今回は、先ほど紹介した4つのサービス内容の費用の相場をまとめました。

SEO対策を外注する際、以下の表を参考にしてみてください。

SEO対策のサービス内容費用タイプ費用の相場
SEOコンサルティング
(総合的コンサルティング)
月額固定費用型月額10~50万円
コンテンツ型SEO一括支払い型
月額固定費用型
ブログ記事本数×記事単価
月額4~30万円
内部SEO対策一括支払い型10~100万円以上
(サイトの規模による)
外部SEO対策
(被リンク型SEO)
月額固定費用型
成功報酬型
月額1~20万円
月額1~100万円以上

ちなみに、弊社ナガシカでは、SEOの総合的コンサルティング+競合調査+記事の作成も含めて、月額20万円~請け負っています。

SEO対策に費用をかけるタイミング

SEO対策は決して費用が安いサービスではないため、むやみに外注すると費用が多くかかってしまい負担になります。

そのため、状況を確認して、SEO対策が必要だと判断してから費用をかけましょう。以下の状況が当てはまる場合は、SEO対策に費用をかけるのがおすすめです。

  • SEO対策の知識がまったくない場合
  • SEO対策の知識はあるが、時間や人手が足りない場合
  • 自分でSEO対策を行ったが、なかなか成果が出ない場合

SEO対策に費用をかけるメリット① 最適なSEO対策を提示

決して安くはないSEO対策に費用をかけることで、3つのメリットを得られます。SEO対策に費用をかけるべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1つ目のメリットは、最適なSEO対策を提示してくれることです。SEO対策をプロのSEO業者に外注すると、検索順位の上昇だけでなく、集客や売上の向上に繋がる最適なアドバイスをしてくれます。

SEO対策の知識があったとしても、外注することによって自分では気が付きにくい改善点を教えてもらえますよ。

SEO対策に費用をかけるメリット② 常に新しい知識を把握

2つ目のメリットは、プロのSEO業者は常に新しいSEO対策の知識を把握していることです。

Googleなどの検索エンジンは、定期的に仕様のアップデートを行っています。アップデートの内容によっては、今までは有効とさせていたSEO対策が、逆にサイトに悪影響を与えるものとなる場合があります。

そのため、常に新しいSEO対策の調査・研究を行う必要があるのですが、自分でやるには手間も時間もかかります。

一方、プロのSEO業者なら常にSEO対策を調査・研究しているので、新しい仕様にも迅速に対応してくれます。リスクを抑えて、安心してSEO対策したい方は外注するのがおすすめです。

SEO対策に費用をかけるメリット③ コスト削減に繋がる

3つ目のメリットは、長い目で見ればコストの削減に繋がることです。

SEO対策を行ったことによって一度でもサイトへの流入が確保できると、コンテンツやページは資産として蓄積していくため、SEO対策への費用を削減しても流入が大幅に減る心配はありません。

また、SEO対策の費用は決して安くはありませんが、良い効果が得られればかけた費用以上の利益を獲得できる可能性があります。

SEO対策に費用をかけても必ず良い結果が出る保証はない

SEO対策について費用やメリットなどを紹介しましたが、SEO対策に費用をかける際の注意点もあります。そのため、必ず注意点を踏まえた上で、SEO対策に費用をかけるか判断しましょう。

プロのSEO業者に外注すると、質の高いSEO対策を行ってもらえるためサイトの質が向上します。

しかし、外注先の担当者の知識が浅かったり、実力が乏しかったりすると、いくらSEO対策に費用をかけても良い結果は出にくくなります。

「費用をかければかけるほど、良い結果が出る」と思わず、実績のある信頼できるSEO業者を選ぶのがおすすめです。

SEO対策に費用をかけるのに向いていない業界もある

すでに業界の中に大手ポータルサイトがある場合、いくらSEO対策に費用をかけても良い結果を得るのが難しくなります。

外食業界であれば、食べログやぐるなびなどの大手ポータルサイトをしのいで上位表示されるのは至難の業です。

そのため、SEO対策に費用をかける前に、自分のサイトの業界はSEO対策がどれほど必要か確認しておきましょう。SEO対策が必要かどうかの相談を受け付けているSEO業者もあるので、自分で判断が出来ない場合は利用しましょう。

SEO対策の費用を抑えたいならツールを導入しよう

SEO対策の費用は決して安くはないので、時間や人手がある場合はツールを導入して自分でSEO対策を行いましょう。

キーワード分析を簡単に行えるツールや、コンテンツ作成を効率化してくれるツールなど、多種多様のツールがあります。また、利用費用も無料のものから、月額10万円を超えるものまで幅広くあります。

使いこなすまで時間はかかりますが、外注するよりも費用を抑えられたり、SEO対策の知識を得られたり、外注よりも良い結果が期待できることもありますよ。

まとめ:SEO対策に費用をかけてユーザーを獲得しよう!

以上、SEO対策に費用をかける際に知っておきたい知識の解説でした。

SEO対策には様々なサービス内容があるため、目的によって必要となる費用が大きく変わります。そして、外注先を適当に選ぶと良い結果は得られず、余分に費用がかかってしまいます。

そのため、SEO対策に費用をかける際は、目的や予算をなるべく明確にしてから外注しましょう。また、外注先は費用で選ぶのではなくサービス内容で選ぶのがおすすめです。

コメント